海外FXとは?

FXはForeign Exchange(外国為替)の省略語で、たとえば日本円を米ドルに両替するように、ある国のお金を別の国の通貨に交換することを意味しています。海外FXの特徴は少額から大きなレバレッジをかけて儲ける事ができたり、日本のFX会社と違いトレーダーの損失が利益になるのではなく利用者の取引量が儲けになる会社が数多く存在する事です。

目次

海外FXを少額から始めたい方

海外FXの全て

海外FX初心者の方には少額から始めるのも一つの方法です。ボーナスなども付け加えればさらに始めやすいですね。

スクロールできます
海外FX業者最低入金額ロスカット水準最大レバレッジサイト解説
XMTrading
500円20%1,000倍サイト解説
FXGT

500円20%1,000倍サイト解説
BigBoss

下限なし20%1,111倍サイト解説
AXIORY
1,100円50%400倍サイト解説
IS6FX

5,000円50%1,000倍サイト解説

海外FXのメリット・デメリットを知りたい方

・海外FXの注意ポイント

次から解説していきましょう。

メリット1・ハイレバレッジで取引できる

一つ目のメリットはハイレバレッジをかけれる事です。

日本のレバレッジはご存じの通り25倍までしかかける事ができません。ところが海外FXの場合ですと日本のFXの10倍以上の高額のレバレッジをかける事ができる会社がほとんどなのです。うまく使いこなせば小さな資金から短期間で儲けを大きく増やす事も夢ではありません。

レバレッジが高ければ高い程資金の扱いが当然大きくなります。率直に言うのであれば小さな資金で勝負できるのは海外FX以外難しい事でしょう。

メリット2・豊富なボーナスでスタートダッシュも可能

ここではボーナスについて解説していきます。

MAX付与額では口座開設ボーナスと入金金額の合計のMAX額を示しています。

口座を登録するだけでもボーナスがもらえる会社もあるので、ぜひ登録してみて下さい。パズルのように難しくありません。

日本人におススメのボーナスの海外FX業者を記述しました。上記の通り口座開設ボーナスだけでなく、入金額は会社によれば100万円以上のボーナスを得る事も可能です。暗黙ですが全くボーナスがないFX業者もあるのでぜひ参考にしてみて下さい。

メリット3・最短即日で口座開設できて以外にお手軽

即日で取引開始できる海外FX業者をここでは3つの海外FX業者を紹介します。

1・XMTRADING

2・FXGT

3・BIGBOSS

XMTRADING・FXGT・BIGBOSSクイック口座は口座開設は約3分ででき、身分証の提示も出金の時で良いので後からでも大丈夫です。スピード感があるでしょう。クレジットカードでの入金なら最短10分程度でトレードができる場合があるのでおススメです。                    

メリット4・ロスカットが日本に比べて耐久性がある

強制ロスカットは、含み損を含めた口座の残高が一定基準に到達した時に、持っているポジションが強制的に決済される仕組みのことです。

ロスカットが強制的に執行される事を言います。それはとても険悪感のある事でしょう。

強制ロスカットが執行されると、損失が確定し口座残高がとても減ってしまうため、強制ロスカットはまず避けなければなりません。

そのような強制ロスカットですが、海外FXでは国内FXと比べて強制ロスカットが起こりにくいと言われています。

それは何かというと海外FX業者には国内FX業者には存在しない様な違いがあるからです。

ロスカットの水準が低いといえるでしょう。

海外FXでは強制ロスカット基準が20~0%が多いのが特徴です。これは日本のFXと比較すると、とても低い基準です。

メリット5・追証がないので強気で勝負できる

追証がない事をゼロカットと言います。ロスカットが海外FXでは間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合に、その損失分を海外FX業者が負担して口座残高をゼロにリセットしてくれる、海外FXにあって日本のFXにないサービスのことです。その発想はすばらしいと思います。

つまり、海外FXには追証がなくゼロカットで日本FXとは違い借金をしないというメリットがあります。

しかし、ゼロカットによってポジションが強制決済されることで投じた資金を失うことに代わりはありませんが大いに使い方によって勝負を有利に進めてくれる事でしょう。

過去に日本のFXにおいてロスカットにあって勝負に不利にあった経験のある方ならありがたい制度だと思います。屈強な精神を持ち有利にトレードをましょう。

日本のFX場合は相場の急変などで追証が出た場合、マイナスの分をFX会社ではなく、あなたが負担しなければならない仕組みがあります。まるで欺かれたような現象ですね。

これは日本のFXと海外FXの大きな違いです。

このゼロカットは海外FX業者にもメリットがあり、それはゼロカットによりトレーダーがたくさんトレードしてくれる事により業者が利益を出せる事です。

これは日本のFXはトレーダーが損した金額だけ儲かる仕組みと違い、海外FX業者はトレーダーがたくさんトレードしてくれればするほど利益が出る仕組みだからです。

大事なメソッドですね。

メリット6・少額から投資ができる

海外FXによっては500円出せば取引を開始できる海外FX会社もあります。

もっというなら最低金額がない会社も中には存在します。

まだ海外FXになれていない初級者の方にはありがたい制度だと思います。これは使わない事はないでしょう。

おススメ会社はXMTRADINGやFXGTなどが500円から始められます。

少額投資の得は何かというと投資の直感を養える事も一つあります。

最初から不慣れな海外FXに取り組むのには自分も余裕があるに越した事はありません。

他には昨日は負けたから今日は取り返してやろうといった感情論に走りにくくブレーキになってくれる事です。これは貴重な経験となるでしょう。

海外FXのデメリット

デメリット1・取引手数料が割高

海外FX業者は日本のFX会社に対して手数料となるスプレッドが広いため多めに手数料が取られることとなります。

少数の売買では差があまり出なくても頻繁にトレードする方であれば気になるポイントだと思います。お金がそれなりに手数料として取られるという事です。

日本のFX会社はスプレッドで利益を取るというより、トレーダーが損をすればするほど儲かる仕組みになっています。

シンプルに海外FXの場合はトレードすればするほど海外FX会社が儲かる仕組みになっています。

デメリット2・海外FX会社の信託保全が義務ではない

まず海外FXを始めるには入金するのは当然です。では預け入れた投資資金はどう管理されているのか、安全に管理されているのか一度は考えた事があるかもしれません。

海外FX業者の主な資金管理方法は、信託保全と分別管理の2つです。これは必要不可欠な事になります。

信託保全とは、預かった資金を信託銀行に預けて管理する方法です。一方、分別管理は信託銀行を利用せずに投資家の資金と自社の運営資金をわけて管理する方法です。

この違いとは何かというと、まず多くの海外FX業者は分別管理をしています。

分別管理とは?

分別管理とは、自社の運営資金と投資家の資産を明確に区分して、資産管理する方法のひとつです。

信託保全と分別管理の2つがありますが、信託保全と違い、分別管理は信託銀行を使わずに資産を管理するため、海外FX業者は運営資産と投資家資産の両方を管理しなければいけません。

そのため、海外FX業者の経営が悪化した場合には運営資産と投資家資産の両方が差し押さえられる可能性があります。

また、海外FX会社は信託保全が義務化されていないため、投資家の資産が返金されない可能性があります。

信託保全とは?

信託保全とは、投資してくれた投資家から預かった資産を保証するための資産管理の方法の一つです。信託保全では預かった資産を自社ではなく、外部の信託銀行に預けて管理します。

海外FX会社の運営資金と分けて信託銀行に預けておくことで、海外FX会社の経営が悪化した場合でも、投資家の資金が守られます。

日本の金融庁の許可を受けているすべての国内FX会社は、信託保全の対象です。

海外FX業者は信託保全が義務化されていませんが、金融庁の許可を得ている国内FX業者は投資家の資産を守るために信託保全が義務化されています。

信託保全では投資家の資産を守るために、海外FX会社の運営資金と分けて信託銀行に預けております。そのため海外FX会社が倒産しても、信託銀行に預けている投資家の資産が差し押さえられることはまずありません。

要するにより信託保全の方が効率的に守られているのです。

海外FXの業者の多くは分別管理です。

デメリット3・大きく稼ぐと税金面で不利になる

海外FX・国内FX関係なく、取引で利益が発生した場合、税金(所得税)がかかります。その後、所得税を計算する作業として確定申告をする必要があります。

確定申告書には1月1日〜12月31日に得た所得を計算し、毎年3月15日までに税務署へ提出する義務があります。

会社員やアルバイトやパートなどで得る収入は給与所得にあたります。給与所得者は毎年12月頃に年末調整をしますが、海外FXで利益を得た場合は、自分で確定申告しなければなりません。

給与所得者の場合、給与所得と退職所得以外の年間所得が20万円をこえると、確定申告が必要になります。余分なエネルギーを消費しますね。

個人事業主や専業主婦が海外FXで利益を得た場合、年間所得が48万円をこえると、確定申告が必要になります。

海外FXで利益が発生しても、一定の基準を超えていなければ、確定申告は免除されます。

しかし、税金がすべて免除されるわけではありません。1円でも利益が出ている場合は、住民税の申告が必要なので注意が必要です。

海外FXの利益は所得税と住民税の対象です。いずれも確定申告によって納税しなければなりませんが、一定額の控除と経費の差し引きができるので活用するべきでしょう。

また、海外FXの利益を確定申告しないことは、脱税行為に当たります。海外の口座ならバレないと思われがちでしょうが、税務署に金融機関の履歴を追跡されてまずバレてしまうので、必ず確定申告すべきです。恐ろしいですね。

海外FXと国内FXでの課税の仕組みの違い

FX取引で得た利益に対する課税方法は、海外FXが総合課税、国内FXが申告分離課税です。

海外FXに適用される総合課税とは、ほかの所得と合わした合計額に対して課税される制度。

所得の区分は給与所得・一時所得・不動産所得などさまざまあり、海外FXの利益は雑所得に分類されます。

給与所得者の場合はほかの所得と合算するため、会社からもらった源泉徴収票を確認しつつも確定申告書を記入しましょう。

一方、国内FXに適用される申告分離課税とは、ほかの所得とは別れて個別の利益に対して課税される制度です。

ほかの給与所得などとは合算せず、FXの利益に対する税金を単独計算します。

累進課税における所得金額に応じた海外FXの最終的な税率と控除額は次のとおりです。

累進課税における所得金額に応じた海外FXの税率と控除額

1,000円から1,949,000円まで:5%:0円

1,950,000円から3,299,000円まで:10%:97,500円

3,300,000円から6,949,000円まで:20%:427,500円

6,950,000円から8,999,000円まで:23%:636,000円

9,000,000円から17,999,000円まで:33%:1,536,000円

18,000,000円から39,999,000円まで:40%:2,796,000円

40,000,000円以上:45%:4,796,000円

プラス住民税が約10%かかるので、海外FXでは合計15~55%程度の税金が課せられます。

デメリット4・入出金にひと手間かかる

海外FXはさまざまな方法での入出金が可能です。

ここで紹介する海外FXの主な入出金方法です。

どれが良いか迷ってしまいますね。特徴を解説していきます。

クレジットカード・デビットカード

ここでは、入金の場合はクレジットカードを使ってオンラインショッピングをするのとほとんど似た形で処理されます。

大きなポイントとなるのが出金の場合は、「入金のキャンセル」による「返金」として出金処理が行なわれる点が特徴です。そのため入金額以上は引き出す事ができません。入金額以上の金額を引き出す可能性がある人にはおススメしません。

入金額をこえた利益分を出金したい場合には主に海外銀行送金が利用されます。

メリットは入金がすぐに反映されやすい事や手数料が無料の場合が多い事です。

 クレジットカードのデメリットは出金までに時間がかかる事と、入金額以上の金銭の引き出しができない点です。

クレジット出金は1か月以上かかる場合もあります。欠陥した仕組みのようにも感じてしまいますよね。しかし、これが現実です。

デビットカードの場合もほとんど同じで、また安全を考慮して新しくデビットカードを専用で作る人もいるようです。

国内銀行送金・海外銀行送金

国内銀行送金は、国内銀行口座や決済代行会社の口座を利用して入出金を行なう方法です。

入金の場合、海外FX業者が指定した国内銀行の口座に振り込みを行なうことで入金が行われます。

国内FX業者などへの入金方法と同じでとても簡単に行なえますし、国内銀行口座への振込手数料だけで入金できるので費用も抑えられる方法です。

ただし、出金の場合は面倒で、多くの場合は国内銀行ではなく海外銀行を通して出金を行なう必要があるでしょう。

その原因はマネーロンダリング対策や脱税防止のための厳しい規制にあり、実際に国内銀行口座への出金に対応している海外FXは少ない状況となっています。

国内銀行送金のメリットは口座への反映が早い事と、手数料の安さがあげられます。デメリットは国内銀行送金に対応している業者が少ない事です。

そのような理由から国内銀行送金はあまりお勧めしません。海外FX業者によっては使いものにならないわけではないので対応していきましょう。

海外銀行送金のメリットは、海外送金の実績が多い大手銀行などなら、問題なく出金ができる点にあります。デメリットは海外銀行送金は、手数料が高く、着金までの時間も長い点がデメリットだと言えます。

入金時に国内銀行送金を使った場合の最も使われる出金方法として用いられているため、比較的一般的な出金方法だと言えるでしょう。

ケースによっては中継手数料と受取手数料を合わせて5,000円ほどの手数料がかかる場合もありますし、出金完了までには早くても2日から5日ほどの時間が必要です。

手数料が高いことからあまり好んで利用する人は少ないですが、国内銀行送金を使って入金した際には、選択肢が海外銀行送金しかない場合もある事もポイントでしょう。

海外銀行送金を利用する場合には、高い手数料などのデメリットはほとんど避けられないため、できるだけまとまった資金を一度に出金申請するようにするのがコツです。銀行送金の出金は問題の一つですね。

bitwallet

bitwalletは、世界200か国で使用できるオンライン決済サービスになります。「オンラインウォレット」と呼ばれるサービスになります。

日本語にも対応しており、登録も10分程度でお手軽に完了できます。

また、登録料や利用料も無料なので、非常にお得に利用することができます。

多くの海外FX業者が導入しており、数ある入出金方法の中でも人気の高い方法のひとつです。辛い事も少ないでしょう。

bitwalletを利用するメリットは以下のものです。

幅広い海外FX業者に対応している事。出金が即座に反映される事。手数料が安い事。多くのクレジットカードで入金できる事です。

bitwalletは幅広い海外FX業者に対応しているため、海外FXのための資金をまとめて管理できます。

また、最短で当日中に出金が反映されるため、すぐ資金を簡単に引き出すことができるでしょう。

入出金の際の手数料が安い所もポイントです。

bitwalletの出金手数料は824円と、海外銀行送金などの手数料と比べて費用を抑えることができます。

bitwalletから海外FX口座への入金手数料も100円なので、お手軽です。

さらに多くのクレジットカードに対応している点も大きなメリットだと言えるでしょう。

クレジットカードを使って海外FX業者へ入金する場合、対応しているクレジットカードが比較的限られるデメリットがあります。

bitwalletの場合は主要クレジットカードのほとんどが利用可能なので、bitwalletを使えば自分が希望するクレジットカードで入金することができます。

bitwalletの主なデメリットは以下の通りです。

海外FX業者の制度が変わりやすい。クレジットカードを使った入金手数料が高い。

海外FX業者のbitwalletの取り扱い状況はよく変更される場合があるため、注意しましょう。

現時点でbitwalletの入出金に対応していても、タイミングによっては取り扱いができなくなる可能性もあります。

また、突然bitwalletの取り扱いが中止になったり、出金額の上限が入金額までに設定されたケースもある様です。

さらに、クレジットカードを使った入金のみ、手数料が高額になってしまう点も欠点のひとつです。具体的には、入金額の8~8.5%ほどに設定されています。

入金額が多くなるほど手数料も莫大に増えてしまうので、クレジットカードでの入金は事前にしっかりと考えておく事をおススメします。

Sticpay

Sticpayも、bitwalletと同じオンラインウォレットサービスです。

bitwalletと並んで有名で、信頼性できるサービスだと言えるでしょう。

Sticpayも登録料・利用料は無料なので、お得に利用することができます。

メリットはSticpayは暗号通貨で入金が行なえる点にあります。

bitwalletも以前には暗号通貨による入金に対応していましたが、2019年7月以降からは暗号通貨が使用不可になりました。

そのため、信用できるオンラインウォレットサービスの中で暗号通貨を使いたい場合は、選択肢はSticpay以外ないでしょう。

出金の反映の速さや対応サービスの多さなど、bitwalletと同じようなメリットもあります。

デメリットはSticpayの出金手数料は600円+出金額の2.5%と出金額が9000円以上の場合はbitwalletと比べると手数料が高い点がデメリットだと言えます。

反して9,000円以内の出金はbitwalletよりも安いため少額の出金が多い場合には良いかもしれません。

bitwalletと同じく、海外FX業者の取り扱い情報が変わりやすい点と、クレジットカード入金の手数料が高い点には気を付けましょう。

海外FXの注意ポイント

海外FXと一言で言ってもたくさんの注意したいポイントが存在します。

一つ一つ解説していくので注意深く見ていきましょう。

あくまで基本的な事が中心ですが、初心者にはそれぞれが重要になってくるでしょう。

最初は何を言っているのか不明でもいずれ自然とわかっていくことでもありますが、ここではあえて解説していきます。

海外FXでは国内FXと違い落とし穴のようなものがあるので注意が必要です。

1・DD方式とNDD方式

海外FXにはDD方式とNDD方式が存在します。

何のことかさっぱりわからない人もいると思いますが、単純にいうのであればそれは取引の透明性を表しています。

NDDとDD方式

NDD方式は、海外FX会社を通して取引されないので、手が加えられない為、インターバンクの価格を反映するので透明性が高い仕組みです。

また、NDD方式の会社はスプレッドを主な収益にしています。DD方式の会社は注文時に希望価格・表示価格で約定されずに、FX会社から新しい価格で注文を指示されることやFX取引で注文を出しても、約定されない場合がある可能性があります。

特にDD方式を採用している会社では、トレーダーが利益を得れば会社は損をし、トレーダーが損をすれば会社は利益得るというシビアな関係にあります。その為、約定拒否が起こるとトレーダーにとっては不利益を被ることがあります。

その点、NDD方式ではトレーダーからの注文にFX会社による不自然な手を加えられないので、安心してトレードを行う事ができるのです。

DD方式FX会社との取引が不透明なのに対し、NDD方式はトレーダーが直接出した注文をインターバンクに送る為、透明性がある事になります。

2・約定力が高い

まずはまとめから言うと、結果的に約定力が高いことに越したことはないでしょう。

なぜなら、トレーダーにとって好都合でしかないように、約定力が高ければ狙ったところでポジションを持てるわけなのです。

具体的には次のようなメリットがあります。

約定力が高いメリットはスプレッドが狭いことで取引コストが少なくなる為利益を多く残せるようになるので、スプレッドが狭い業者、スプレッドが狭い口座タイプを選ぶことは非常に注意深いことなのです。

しかし、スプレッドが狭くても狙ったところで約定できなければ、スプレッドの狭さは意味をなさないのです。

次にスキャルピング取引が楽になります。

短期取引を繰り返して小さな利益を積み重ねていくスキャルピングトレーダーにとっては、コンマ1秒の瞬間的なズレや0.1Pipsのズレでさえ、大きな損益を生み出す決定的な原因になってしまうかもしれません。

そのため、どれほど正確な予測をしても、計画通りの注文ができなければ意味がありませんよね。

これがネックになって日本のFX業者ではなく海外FXを選ぶ人もいる位です。

つまり、約定力の高さはスキャルピングでは絶対条件の事項なのです。

3・MT4/MT5

MT5(MetaTrader5)はロシアのMetaQuotes Software社が開発した取引プラットフォームです。

もっとわかりやすくいうのであれば、世界中のFX投資家に利用されている取引・分析ツールです。開発からしばらくたった今でも、MT5の普及率はMT4に及びません。

MT5は、2010年にロシアの「MetaQuotes Software社」が、MT4の後継として開発した取引プラットフォームです。

MT4の開発は2005年に行われたため、MT4とMT5とでは開発された時期が異なります。

MT5とMT4では開発元であるMetaQuotes Software社がMT4の開発をすでに終了しています。

MT4の更新は現在ストップされ、新規顧客への新しいライセンス発行もストップされいています。

いくらMT4のカスタムインジケーターやEAが多いとはいっても、更新や新規顧客へのライセンス発行がストップしている状況では、MT4の今後の開発。進展はまず望めないでしょう。

したがって、今後主流となる取引プラットフォームは、MT5になると考えるのが時代の流れではないでしょうか。

4・海外FX初心者の始め方

STEP
口座開設をする

海外FX会社を初心者が選ぶ際に一番大事なのは、安全と信頼です。ボーナスの充実やスプレッドの狭さなどの力があっても安全と信頼がなければ余裕を持って取引ができません。

そして利益が出ても、取引コストがかさむと利益が減ってしまうことも考慮が必要でしょう。大切な資金や利益を守る為に、取引コストが低い会社を選ぶことも大切です。

豊富なボーナスは、海外FX会社の魅力の一つですが、あくまでもボーナスはおまけです。ボーナスの豪華さにばかり気をとられ、安全と信頼の低い会社を選ばないようにしましょう。

ココで扱う海外FX会社の口座開設は、日本語で対応している会社ばかりなので口座開設は簡単にできます。

初心者でも約5~10分程で必要項目を入力するだけで簡単に完了し、すぐに口座開設が完了します。

早い会社では2~3分で口座開設も可能です。

必要書類はあとからでよく、お金を引き出す際で、などと言うケースもあるでしょう。

STEP
口座に入金

海外FX入金方法は、国内銀行振込とクレジットカードとbitwalletとSTICPAYと海外銀行送金などがあります。

すぐ取引を開始したい方は、銀行送金や銀行振込以外の入金方法を選択すると、入金後すぐに口座に反映され取引を開始できます。もちろん出金の際の手続きを考えてから行動する事が基本となるでしょう。

STEP
取引開始

自分の許容範囲以上の様な資金の使い方は、大切な資金を失う可能性もあるので気を付けましょう。初めはボーナスを活用し、無理のない資金で取引できる範囲内で、海外FXの魅力の一つであるレバレッジを効かせた取引で堅実に自分の身の丈にあった取引を心がけましょう。実はそれが最短の海外FX攻略の道かもしれません。レバレッジばかり取り上げられますが海外FXはスプレッドも広くリスクのある一面もあります。ぜひあなたにあった投資ライフを満喫しましょう。

5・日本の金融庁のライセンスを保有していない

海外FXの細かいデメリットは「日本の金融庁のライセンスを保有していない」ことです。

海外FX業者は日本国外に会社があるので、日本の金融庁や法律の規制を受けません。

FX業者を選択する際に、金融ライセンスを取得しているかどうかという点は非常に大きなポイントになります。

口座開設を行うFX業者を悩んでいるのであれば、必ず金融ライセンスを取得している業者を選びましょう。

このサイトで紹介されている海外FX業者は全てどこかの金融ライセンスを持っています。

金融ライセンスを取得しているからといって、必ずしも破産する可能性がないというわけではありませんが、一定のプロセスを経てライセンスを取得していることから、十分ユーザーの信用は得られるともいえます。

海外FX業者の利用を考える際、日本で金融ライセンスを取得していない事が気になる方もいるでしょう。

海外FX業者の場合は、意図的に日本の金融ライセンスを取得していない事になります。

日本の法律が定めるFX業者の規制は、最大レバレッジが25倍以下、両建て取引は禁止など大変厳しいものとなっています。

したがって日本の金融ライセンスを取得すると、海外FX業者特有のハイレバレッジ取引やゼロカットシステムが適応できなくなるのです。これは海外FXの特権です。

こういった視点から、海外FX業者は日本での金融ライセンスを取得せず、海外での金融ライセンスを取得して経営を行っているのです。影響力を持つためには必要な事でしょう。

これは本拠地を海外FXは日本に持てない事になります。

6・海外FXはスプレッドが広い

海外FX業者のスプレッドは広いのか?海外FX業者と国内FX業者のスプレッドはどう違う?と疑問を持っている方も多いでしょう。

海外FXのスプレッドは、業者や口座の種類によって大きく異なります。FXで重要なポイントはいかに手数料を抑えて無駄なく利益を増やしていくかですので、スプレッドは狭ければ狭いほど当然良いのです。

海外FX業者のスプレッドは変動性ですが海外FX業者の取引形態は、NDD方式を採用していることが多いのです。そのため取引の透明性が高く、約定力、約定速度が安定しますが、その分スプレッドに大きな広がりが見られるようです。

海外FXの取引に慣れていない初心者の方は、スプレッドよりもボーナスやレバレッジを重視して選ぶと良いかもしれません。

ボーナスが豪華な業者ならば、多少広いスプレッドもボーナス分で賄えるからです。海外FX取引に慣れてきたら、スプレッドの狭さや取引コストの安さを考えて業者や口座を選び、本格的に取引回数を重ねていきましょう。

早期にスキルを身につける事は重要です。

同じFX業者のタイプ別口座でも、通貨ペアの組み合わせによってスプレッドが変わります。通貨ペアによっては思っているよりスプレッドが広かったということもあり得るので、まずは取引したい通貨ペアのスプレッドを事前に調べておきましょう。

海外FXのプロが使う業者を知りたい方

スクロールできます
海外FX業者口座タイプ解説
ThreeTraderRawゼロ口座サイトの解説
XMTradingKIWAMI極口座サイトの解説
AXIORYナノ・テラ口座サイトの解説
Exnessプロ口座サイトの解説
FXGTプロ口座サイトの解説

1・ThreeTrader

スクロールできます
会社設立年2021年
取引形態NDD方式
最大レバレッジ500倍
USD/JPY平均スプレッド0.59pips
日本語対応あり
信託保全なし
ゼロカットあり

ThreeTraderは、海外FX業者のなかで最も狭いスプレッドで取引できるブローカーです。

最大レバレッジは500倍で、ボーナスキャンペーンはほぼ開催しません。その代わりに取引手数料は1ロットあたり4ドルと海外FX業者の中でも最安で、ストップレベルもゼロという取引条件がお得な海外FX業者です。

実際にスキャルピングをメインにする多くのプロトレーダーがThreeTraderを利用しています。

2・XMTrading

スクロールできます
会社設立年2009年
取引形態NDD方式
最大レバレッジ1,000倍
USD/JPY平均スプレッド1.6pips
日本語対応あり
信託保全分別管理のみ
ゼロカットあり

XMは海外FX業者として一番の利用者数を誇る、有名なブローカーです。ただ、ほとんどのトレーダーはまずは初心者向けの海外FX業者のXMからというイメージを持っています。

XMは、2022年10月に新しくKIWAMI極口座をリリースしました。

極み口座はスプレッドが最低0.6pipsからで取引手数料は無料で最大レバレッジ1,000倍と、これまで利用されていたゼロ口座から大幅に取引条件が改善されています。

もしあなたが初心者であるならば特におススメします。

安心して海外FXに専念できる環境を用意してくれるでしょう。

上級者の方でも満足のいく内容となっております。

3・AXIORY

スクロールできます
会社設立年2007年
取引形態NDD方式
最大レバレッジ400倍
USD/JPY平均スプレッド0.83pips
日本語対応あり
信託保全最大20,000ドルまで
ゼロカットあり

4・Exness

スクロールできます
会社設立年2008年
取引形態NDD方式
最大レバレッジ無制限
USD/JPY平均スプレッド1.42pips
日本語対応あり
信託保全なし
ゼロカットあり

Exnessは最大21億倍、実質無制限のレバレッジでトレードできる唯一無比の海外FX業者です。

ロスカット水準も驚きの0%なので、例えば10万円の証拠金で100ロットのポジションを持つことも可能で、証拠金が0になるギリギリまで含み損に耐えることができます。

5・FXGT

スクロールできます
会社設立年2019年
取引形態NDD方式
最大レバレッジ1000倍
USD/JPY平均スプレッド1.6pips
日本語対応あり
信託保全なし
ゼロカットあり

FXGTのプロ口座は、2022年4月に新しく作られた口座タイプです。

派手なボーナスキャンペーンで人気があったFXGTですが、現在は中級者以上のスキャルピングトレーダーを中心にプロ口座の利用者数が増えています。

海外FX業者比較おすすめランキング18選

ここではあくまで海外FX初心者に優しいサイトを心がけております。

ランキングと一口に言っても様々な面から評価できると思います。

数ある海外FXの業者から安全性とメリットの両面からえりすぐった海外FX会社の紹介をしていきたい思います。

中でも安心と信頼のある自分に合ったサイトを見つけたいですね。

他にもレバレッジやスプレッドなど知りたい事も多岐にわたると思います。

可能な限り詳細に各サイトを紹介していきます。ぜひあなたに合うたった一つの出会いを探してみて下さい。

スクロールできます
順位海外FX業者安全性コストレバレッジボーナスサポートトータル詳細
1位XMTRADING
100点サイトの詳細
2位HFM
95点サイトの詳細
3位FXGT
90点サイトの詳細
4位BIGBOSS
85点
サイトの詳細
5位exness
×80点サイトの詳細
6位AXIORY
×80点サイトの詳細
7位LandPrime
80点サイトの詳細
8位easy Markets
75点サイトの詳細
9位MYFX Markets
×75点サイトの詳細
10位IS6FX
70点サイトの詳細
11位Milton Markets
70点サイトの詳細
12位Traders Trust
65点サイトの詳細
13位Tradeview
××65点サイトの詳細
14位ThreeTrader
×65点サイトの詳細
15位FBS
×65点サイトの詳細
16位IFC markets
×60点サイトの詳細
17位jadeFOREX
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jade2.png
×55点サイトの詳細
18位VirtueForex
××50点サイトの詳細
◎=20点 〇=15点 △=10点 ×=5点
※=同点の場合、海外FX業者の人気や知名度を参考にさせて頂きました
海外FX初心者のあなたへ

海外FXでの取引が気になるけど不安・・・。どこを選べばよいかわからない・・。そんなあなたにこのサイトでは様々な角度からよりすぐった海外FXサイトの紹介をしていきたいと思います。海外FXは国内FXと比較してもさほど難しいものではありません。不安は誰しも最初は感じるものです。しかし、安心してこのサイトから有用な情報を引き出して下さい。古来からの方法として比較して各業者ごとの特徴を求めます。あなたにあった海外FX業者は必ず見つかるはずです。迷ったらまずは密かにランキング1位のサイトをのぞいてみる事をおススメします。

ランキング事に新しい発見がある事でしょう。海外FX業者はたくさんあるので自分にあった所を見つける事が大切ですね。

海外FX業者ランキング

1位・XMTRADINGー王道中の王道

XMTradingの安全性・信頼性が高いのは言うまでもありません

世界190ヶ国に500万人以上で使われるXMTRADINGの安全性・信頼性は、海外FX業者の中でも得に高く、安心安全な取引が可能です。

2009年に設立してから今まで悪質な行為は一切報告されておらず、入出金やサーバーの強度など、様々な面で大きなトラブルは発生していません。また、取得難易度の高い金融ライセンスも持っています。日本人トレーダーの半数以上が利用し続けていることからも、安全性・信頼性が高いと言えるでしょう。

約定拒否なしが可能で、入出金の迅速化、カスタマーサポートの品質向上に常に取り組んでいます。

豊富なボーナスで海外FX初心者の方によりそったトレードで最初の一歩を踏み出しましょう。

レバレッジも基本1000倍で初心者からプロまで選別できる4つの口座タイプを用意してさらに日本語サポートも24時間体制で日本語で対応しています。

安全な業者で口座開設をしたい、出金トラブルなどの被害に遭いたくないという方は良いでしょう。 海外FXには鎮静剤を打ったような冷静な判断が求められます。

設立年2009年
最大レバレッジ1000倍
スプレッドドル円1.6pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数55種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス13,000円
入金ボーナス100%(50,000円)
20%(1,000,000円)
法人口座なし

2位・HFMー興味深いコピートレード

HFM(HotForex)は2023年5月にリニューアルされました。様々な点が改善されているといえるでしょう。

HFM(HotForex)は、コピートレードなどが評判の海外FX業者です。

取引スペックやボーナスは良くなった印象です。

リニューアル後のメリットが気になるのではないでしょうか?

日本語サポートが良いのも特徴です。

スキャルピングも可能です。

資金分別管理や保険、銀行取引などで安心の資産管理もウリにしています。

ヨーロッパからアジアにかけて展開する大手のHFmarketsグループによる安全な取引を実現しました。

2010年から全世界にサービスを提供しています。

設立年2010年
最大レバレッジ2000倍
スプレッドドル円2.2pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数53種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス13,000円
入金ボーナス20%(MAX67万円)
法人口座あり

3位・FXGTー違和感すら覚える保証

FXGT(エフエックスジーティー)とは、2019年設立の海外FX業者です。

まだまだ設立から浅くこれからの運営に期待できる海外FX業者でしょう。

ボーナス・キャンペーンが豪華で通貨ペア・仮想通貨を最大レバレッジ1,000倍で取引可能となっております。

入出金がスピーディーで確実です。

日本円のほか5種類の仮想通貨でも入出金可能。

サポートはなんと日本語対応サポートが24時間365日営業となっております。

セーシェルFSAで金融ライセンス取得済。1億ユーロの賠償責任保険に加入済です。

さらにゼロカットありで初回入金額は最低5ドルからの低額投資可能です。

と、言った様々なメリットのある海外FX業者です。

最近のニュースではMT4対応になったりと、成長し続けている海外FX会社と言えるでしょう。

設立年2019年
最大レバレッジ1000倍
スプレッドドル円1.5pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数53種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス15,000円
入金ボーナス初回100%(80,000円)
25%,35%,50%(MAX1,200,000円)
法人口座あり

4位・BIGBOSS-高速の出金スピード

海外FX業者のBigBossは、「Big Boss Holdings Company Limited」が2013年から運営をしているブローカーです。

また、BigBossでは日本語によるサポートに強く、日本人からの人気が高いFX業者となっております。

出金トラブルがないこともBigBossの信頼と評判につながっています。

BigBoss(ビッグボス)とは、海外のFX業者で特徴としては約定力が高く、仮想通貨の取引きも可能なことで有名です。

高速通信で知られるEquinix社にサーバーを置いているのでスピードが早く、狙い通りの価格で約定出来る確率が高くなるのです。

そのため、短期での取引には有利な特徴があります。

本人確認必要なしでトレードが開始できるのも手軽で良いですね。

設立年2013年
最大レバレッジ1111倍
スプレッドドル円1.6pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数84種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス5,000円
入金ボーナスMAX6,000ドル
法人口座あり

5位・ExnessーレバレッジNO.1

Exness(エクスネス)とは、2008年に設立された海外FX業者です。

最大レバレッジ無制限や低スプレッドを特徴とし、高い取引環境を求めるFXトレーダーに人気があります。

Exness(エクスネス)の日本人向けアカウントを運営するExness (SC) Ltdは、セーシェル金融庁の金融ライセンス(FSA)等を取得しています。

レバレッジ無制限・ロスカット水準0%という驚異の内容で、トレーダーの中には愛好者が大勢います。レバレッジに関するジレンマはここで解決できるでしょう。

他にもそれぞれの口座タイプ別でメリットデメリットがあるので、注意深く海外FX口座を探す事がExnessに早く慣れるコツでしょう

最低入金額が1ドルと安いのも良いですね。

設立年2008年
最大レバレッジ無制限
スプレッドドル円1.1pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数96種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナスなし
法人口座あり

6位・AXIORYー約定力と約定スピードを行使

Axioryは2011年に設立された海外FX業者です。

Axiory はIFSCライセンス (International Financial Services Commission) を保有するAxiory Global社が運営している海外FX会社で、ここ数年成長を続けている企業でしょう。

Axioryの運営会社であるAxiory Global Ltdは、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC より許認可を受けた会社です。

メリットは主要FX通貨のスプレッドが最小0.0pips~と、業界最狭水準を誇る低スプレッドが魅力の海外FX業者です。

世界最大の金融インフラベンダーEquinixのデータセンターを採用し、99.98%の約定率と1/1000秒の約定スピードを成功しています。

さらに、MT4よりも裁量取引に特化した取引ツール「cTrader」を利用できる海外FX業者であるため、特にスキャルピングをしたい人におすすめです。

信託保全や日本語でのサポート対応も兼ね備えているため、安全性や使いやすさにも文句はありません。

海外FXのハイレバレッジを活かして思う存分スキャルピングをしたいなら、ぜひともAXIORYでの口座開設をおすすめします。

設立年2011年
最大レバレッジ1000倍
スプレッドドル円1.5pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数96種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナス100%・150%(MAX15万円)
法人口座あり

7位・LandPrimeーコピートレード炸裂

LandPrime(ランドプライム)は、2013年に設立されたFXブローカーで、2023年11月にLAND-FXがリニューアルして作られた海外FX業者です。

0.0035秒以内の高約定・FXだけでも62種類の豊富な通貨ペアを提供しております。

金融監督機関はセントビンセント・グレナディーン金融庁(SVGFSA)です。

資金保護のため、高い安全性を誇る、イギリスなどの金融先進国の銀行と取引を行っており、これにより資金は安全かつ厳格に管理されています。

Land Primeは最大レバレッジ2,000倍のプロ口座もしくはスワップフリー口座・1,000倍のECN口座があります。

コピートレードも利用できます。

設立年2013年
最大レバレッジ2000倍
スプレッドドル円1.4pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態DD方式
通貨ペア数62種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナス入金額5万円以上に対する100%
ボーナスを最大20万円まで支給
ボーナス利用後、最大4回までリセットが可能
総支給可能ボーナス金額:100万円
法人口座あり

8位・easyMarketsー歴戦のブランド力

easyMarketsは、信頼性の面から良い評価の海外FX業者です。

スペインサッカーのレアルマドリードとのスポンサー契約など、トップクラスの信頼性のあるeasyMarkets。

2001年から運営をスタートし、ヨーロッパなど世界各国にも会社を構えています。

実績トップクラスの海外FX業者で、easyMarketsの良い評価には、初心者にも優しく使いやすいなどがあります。

難関の金融ライセンスであるCySec(キプロス)とASIC(オーストラリア)を保有してもいます。

easyMarketsでは、豊富なボーナスキャンペーンが開かれています。

さらに固定スプレッドにより、予想外な投資の損失が軽減される点も良い所でしょう。

さらにeasyMarketsには独自の機能があります。

このような事から、安心感が認められた海外FX業者がeasyMarketsです。

設立年2001年
最大レバレッジ2000倍
スプレッドドル円1.0pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数63種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス3,500円
入金ボーナス50%(MAX23万円)
法人口座あり

9位・MYFX Marketsーかたくなにスキャルピングにこだわるなら

MYFX Marketsは、海外FX業者としては中上級者向けです。

メリットとして取引条件やサービスのアップデートによって、最大レバレッジは400倍から500倍に引き上げられ、最低入金額は2万円から0円に引き下げられました。

取引ツールはMT4・MT5に対応しており、透明性の高いNDD方式で口座タイプ別に見てみると、スタンダード口座はスキャルピングやデイトレードなどの裁量取引、プロ口座は売買頻度の多い、短期特化の自動売買向きといえるでしょう。

MYFXMarketsのプロ口座は、スプレッドの狭さや約定力の高さが欲しい中上級トレーダーには試していただきたいブローカーです。

もちろんゼロカットを採用しているので追証が発生することはなく、ロスカット水準も証拠金維持率20%とそこそこです。

通貨ペア全般的にスプレッドが狭く安定しているところも魅力です。プロ口座の米ドル円・ユーロ米ドルなどは、ほぼゼロに近いスプレッドを実現しています。

MYFX Marketsの取引ルールは、スキャルピングや自動売買にも特に制限はありません。

設立年2013年
最大レバレッジ500倍
スプレッドドル円1.3pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数55種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナスなし
法人口座あり

10位・IS6FXー取引手数料の方程式

IS6FX(アイエスシックスエフエックス)とは、2016年に始まり、2020年にサービスを一新し、リニューアルしたサービスです。

IS6FXの前身であるis6comは、2020年にヌーノ・アマラル氏の運営するITコンサルティング企業の「TECWrold」に買収されて、現在のIS6FXとなったのです。

日本人向けのサービスや、入出金システム、期間限定などのキャンペーンが人気で、手数料なども安いことから初心者からでも始めやすい海外FX口座です。

両建ても可能です。

さらにIS6FXでは、トレードする際に取引手数料は取られません。

最大レバレッジが1,000倍である点はメリットの一つでしょう。

日本へのサポートは、在籍している日本人スタッフがおり、メール・LINEに対応しています。

IS6FXはMT4口座の取引銘柄が少なく、かわりにMT5の方がMT4の倍位多いです。

分別保管と米大手保険機関AIGによる保険に加入しているのも安心な材料の一つですね。

設立年2021年
最大レバレッジ6666倍
スプレッドドル円1.6pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態DD方式
通貨ペア数61種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス23,000円
入金ボーナス100%(MAX60,000円)
法人口座あり

11位・Milton Marketsーストップレベルゼロで完結

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)は、2015年に設立された海外FX業者です。

スプレッドの狭さが業界トップクラスで、どの口座タイプでも取引手数料が無料となっています。

さらに、公式サイト内で約定スピード0.03秒が公言されるなど、約定力もかなり高め。

バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)により認可されています。

また、日本人スタッフを採用して日本在住のユーザーにも適している企業です。

最大レバレッジ1000倍ということや最小1,000通貨取引可能ということなども特徴です。

海外FXでもトップクラスの低スプレッド口座で運用ができます。

設立年2015年
最大レバレッジ1000倍
スプレッドドル円1.8pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数42種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス5,000円
入金ボーナス50%(MAX10万円)
法人口座あり

12位・TradersTrustー巧妙なソーシャルトレード

TradersTrust(トレーダーズトラスト)はTTCMとも呼ばれ、2009年からサービスを開始して、10年を超える歴史があります。

設立された国のキプロスは難関ライセンスの一つでCySEC(セイサック・キプロス証券取引委員会)を含め、グループ会社全体で世界12カ国で金融ライセンスを取得しています。

FX業界でも最大クラスのレバレッジ3000倍の大きいレバレッジで取引ができることが特徴の一つになります。

また、発注方式をNDD方式にし、公平な取引を提供している点もメリットの1つです。

更に、Traders TrustのVIP口座では、1注文あたりわずか片道1.5ドルと、海外FX業者の中でも最安値といえる手数料で、極狭スプレッドである事がいえます。

スキャルピングやEA取引も可能なのもポイントです。

日本語電話サポートもあります。

TradersTrustではECN方式の口座タイプも提供しています。

TradersTrustのプロ口座とVIP口座はECN方式を採用しており、低スプレッドで取引可能できます。

設立年2009年
最大レバレッジ3000倍
スプレッドドル円1.2pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数54種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス20,000円
入金ボーナス100%(MAX1,000万円)
200%(MAX2,000万円)
法人口座あり

13位・Tradeviewー業界トップクラスの歴史

Tradeview(トレードビュー)は、2004年からサービスを開始して、約20年の歴史があります。

ケイマン諸島金融庁の金融ライセンスを取得しています。

FX業界でも業界最狭スプレッドで業界最高水準の約定力と、とてもメリットがある海外FX業者と言えるでしょう。

逆にレバレッジ500倍のやや控えめのレバレッジで取引される事も特徴の一つになります。

また、ボーナスキャンペーンをやっていなかったりと言う事もあり中上級者向けの海外FX業者となっております。

Tradeviewでは、MT4プラットフォームのILC口座においては、最小値0.0Pipsからスプレッドとなります。狭いスプレッドを求めている方にとって、すばらしい環境でしょう。

1ロット当たりの片道取引で、3〜5ドルを取引手数料とする海外FX業者が多い中、TradeViewは2.5ドルという低コストで運営しています。

Tradeviewの日本語サポートはメール対応のみですが、柔軟で素早い反応で返してくれるため、さほどサポートで困る事は少ないでしょう。

日本人スタッフが数名ほど在籍していますので、安心してFX取引に集中できます。

気になる方は下のボタンをクリックしてから口座申し込みしてみて下さい。

設立年2004年
最大レバレッジ500倍
スプレッドドル円1.8pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数61種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナスなし
法人口座あり

14位・ThreeTraderーEAの稼働による証明

ThreeTraderは、2021年にサービスを開始した海外FX業者です。

運営歴は短いですが、スプレッドの狭さで人気があり、ThreeTraderを利用するトレーダーも増えてきています。

ボーナスはありませんが、取引条件、サービス、サポートなど全てそれなりの評価を得ています。

海外FXとしては珍しいポイント制度も行っているため、トレードをするほどポイントがたまって特典を受けられるのも特徴です。

ThreeTraderで伝えずにおけないのは業界最狭レベルのスプレッドで、低コストで取引できる環境が整えられています。

設立年2021年
最大レバレッジ500倍
スプレッドドル円1.8pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数59種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナスなし
法人口座あり

15位・FBSー時代を超える2300万以上のユーザー

FBSは「FBS Markets Inc」が運営している海外FX業者です。

FBSグループは世界150カ国以上に2,300万人のユーザーを抱える大手海外FX業者です。

なかでもベリーズの本社はIFSCが管理していて、グループで見たら信頼がある運営会社であることでしょう。

「ベスト国際FXブローカー」の賞もこれまでに獲得していますね。

日本語対応のサイトは金融ライセンスはありませんが、口座の資産はFBSの資産と分けて管理されており、破綻しても信託保全制度もあるので全額返還してくれます。

FBS(エフビーエス)とは、業界でもトップクラスの最大レバレッジを誇る会社です。

注目ポイントは最大レバレッジ3,000倍で、これだと少ない資金からでも取引可能なのが特徴です。

さらにボーナスを有効活用してトレードを始めて損はないでしょう。

設立年2009年
最大レバレッジ3000倍
スプレッドドル円2.0pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数72種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナス100%(MAX100万円)
法人口座あり

16位・IFCMarketsー猜疑心を払拭し初心者への道しるべ

IFCMarketsは2003年より個人向けのFX取引サービスを展開している老舗のブローカーです。

海外FX業界に長年存続し続けているグループであり、信頼と実績は他社を圧倒しています。

ロスカット率は10%と他の海外FX業者よりやや低く、固定もしくは変動スプレッドが選べるなどのメリットもあります。

口座資金で利息がつき、フリーマージン7%キャンペーンがお得です。

また、複数の金融ライセンスを取得しています。

BVI:FSC(イギリス領バージン諸島金融サービス委員会)IFCMARKETS CORP.
CySEС(キプロス証券取引委員会)IFCM CYPRUS LIMITED
LFSA(マレーシア金融庁)IFC Markets Ltd です。

また、単一の口座で銘柄毎に変動や固定ではなく、変動スプレッドも固定スプレッドもユーザーが口座タイプを選ぶ際に自由に選択できます。

設立年2006年
最大レバレッジ400倍
スプレッドドル円変動制0.4pips~
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数49種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナスなし
法人口座あり

17位・JadeFOREXーcTraderの鬼

JadeFOREXは2021年5月サービス開始というまだ開始から日の浅い海外FX業者です。

そして、cTraderという取引プラットフォームのみを提供しています。MT4.5は使えないという事ですね。cTraderは操作スピードや約定スピードが速いです。

スキャルピングやデイトレードにおすすめとされています。

cTraderで高度なチャートカスタマイズなどMT4.5に引けを取らない取引ができるでしょう。

初心者から上級者の方まで、おススメできます。

JadeFOREXへの取引口座の入出金は国内銀行送金が可能です。

JadeFOREXではBank of Americaなど大手金融機関からレート提供を受けており、より優れた価格での取引を提供してくれます。「取引の健全性を保証し、お客様からの信頼と評価を得る」と企業理念を掲げている点からも信頼してもよいのではないでしょうか。

設立年2021年
最大レバレッジ1000倍
スプレッド0.9pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数25種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナス3000円
入金ボーナスなし
法人口座あり

18位・VirtueForexー世間を知る配信ニュース

VirtueForexは、2014年に設立された海外FX会社で、2020年に入り本格的に日本進出し世界中の個人投資家などにFX取引などの取引を提供しています。

VirtueForex の金融ライセンスは、比較的難易度の低いバヌアツ共和国です。

透明性の高さや取引環境の約定力が高い事が特徴として挙げられますが、日本ではまだ知名度が低く、取扱銘柄は少なく、最大レバレッジ777倍とそこそこです。

スプレッドはやや広く、ロスカット率は海外FXでは珍しく90%です。

資金に余裕がなければトレードに集中できないかもしれません。

それよりも、会社の信頼性・安全性が低いとされていることが問題です。

つまりトータルすると中上級者向けの海外FXといえるかもしれません。

設立年2021年
最大レバレッジ500倍
スプレッド1.8pips
最小取引単位0.01ロット(1000通貨)
取引形態NDD方式
通貨ペア数35種類
スキャルピングあり
 自動売買(EA)あり
口座開設ボーナスなし
入金ボーナス入金ボーナス100%MAX10万円
法人口座あり

最大レバレッジの高さの充実度ランキング

スクロールできます
順位海外FX会社最大レバレッジロスカット詳細
1位exness
無制限0%詳細
2位Traders Trust
3000倍20%詳細
3位FBS
3000倍20%詳細
4位easy Markets
2000倍30%詳細
5位HFM
2000倍20%詳細

6位以下のランキングはこちらから↓

海外FXのレバレッジのメリット

  • 一発逆転の破壊力がある
  • 小さな金額で投資を始める事ができる
  • 入金した金額以上の損失がない

一発逆転の破壊力がある

国内FXと海外FXの最大の違いは国内は最大レバレッジ25倍なので、資金1万円であったとするとFX取引を始めることで勝負にすらならないのが実情。しかし海外FXの場合、最大1000倍などの高ハイレバレッジで狙えるので、1万円もあれば充分にFX取引を始めることができます。

例えばわかりやすく例えるならば元金1万円の仮想で1ドル100円だとするならば、これが101円になったとするなら1万円の投資では250円しか儲かりません。

しかし、単純にレバレッジ1000倍かけるとこれが1万円に化けます。

これがレバレッジの魅力です。

これをうまく使えば短期間で大きな額を稼ぐことも可能になるのです。

小さな金額で投資を始める事ができる

レバレッジ取引をする海外FXのメリット1つとして小さな金額でトレードを始めることができます。

レバレッジはてこの原理なので、最大レバレッジが著しく高ければ高いほど小さな金額でトレードをする事ができます。

ここまでノンストップでチャンスのあるビジネスはなかなか存在しないと思われます。この機会にあなたもぜひ海外FXを検討してみてはいかかでしょうか?

入金した金額以上の損失がない

海外FXでレバレッジ取引の他のメリットは入金額以上の損失が出ないことです。これは気力がわいてきます。

国内FX業者と違い、海外FX業者はゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは、相場が急変動した際に残金がマイナスになっても、そのマイナス分をゼロにしてくれる一種の仕組みです。

このゼロカットシステムとは海外FX業者では国内FX業者で言う追証(追加証拠金)が発生しないのです。

入金額以上の損失はないので、バンバンハイレバレッジを使用する事も戦略のメッセージの一つとして活躍する事でしょう。

海外FXのレバレッジのデメリット

  1. 1度のトレードで大金を失う可能性がある。
  2. 最大レバレッジに制限がかかる場合がある。
  3. 証拠金が少ないとすぐにロスカットされてしまう。

などがあります。

1度のトレードで大金を失う可能性がある。

海外FXでレバレッジ取引をするデメリットの一つとして1度のトレードで自ら進んで大金を失う可能性があることです。

ハイレバレッジでトレードするデメリットに大きなリターンを簡単に狙えることがある反面、大金を失うリスクもあります。

自分にあったトレード法を確立していないうちからハイレバレッジでトレードしてしまい、すぐに資金が解けてなくなってしまうということは悲観的な最悪のパターンです。

まずは小さく始めるというのはどのビジネスをやるにあたっても基本となってきます。

ですから最初は無理せず瞬時に自分の勝ちパターンを構築する事に時間を割きましょう。

最大レバレッジに制限がかかる場合がある。

まずは口座タイプによるレバレッジ制限と規制になります。

海外FX業者には、ブローカーごとに様々な口座タイプが用意されています。数は把握するのはとても大変ですが、大抵の場合はどこの海外FX業者も投資する資金が大きくなればレバレッジ制限がかかるでしょう。

Exnessはレバレッジ無制限を謳っていますが、キャッシュは999ドルまでは無制限ですが、それ以降は覆すように2000倍以下までレバレッジが落とされてしまいます。

それでも無制限のレバレッジは魅力なので一度チャレンジしてもいいかもしれませんね。

そして、レバレッジが高い海外FX業者は、経済指標や経済ニュースの発表時にレバレッジ制限や規制がされるところがとても多くなります。

価格変動がバグって乱している状況になるので海外FX業者も規制をかけざるを得ない状況ですね。他にはマイナー通貨ペアなどに多いですがレバレッジが低く設定される場合が多々あります。マイナー通貨を扱う機会は少ないかもしれませんが気になった際は気を付けてリサーチしてトレードしましょう。

そして、プラットフォームによってレバレッジが変わってくる場合もあります。

取引プラットフォームとは、オンラインでの投資家がさまざまな市場におけるポジションを注文・管理・決済することができるようになるソフトウェアです。MT4、MT5、独自プラットフォームがあります。

FX業者にもよりますが100倍~数百倍変わる場合もあります。

導入の際には注意して意識をもっておいて損はないでしょう。

証拠金が少ないとすぐにロスカットされてしまう。

海外FXでレバレッジ取引をする他のデメリットとして証拠金が少ないとロスカットされやすいことです。

海外FXでは証拠金維持率が一定の金額を下回ると、安全のために全てのポジションが自動で決済されてしまう強制ロスカットが導入されています。

ハイレバレッジの反面、反対に証拠金があまりに少額だとわずかの一瞬のマイナスでもロスカットされてしまいます。

ハイレバレッジでトレードするときには、身の丈に合っている証拠金維持率に十分注意してトレードしましょう。完璧を目指す必要はないですが不完全な資金管理をしないようにしましょう。

無理は禁物です。

スプレッドと取引手数料の安さランキング

スクロールできます
順位海外FX業者米ドル/円
最低スプレッド
詳細
1位exness
ロースプレッド口座、ゼロ口座
0.0pips~
詳細
2位XMTRADING
XM Zero口座
0.0pips~
詳細
3位AXIORY
スタンダード口座 / ナノ口座 / テラ口座
0.0pips~
詳細
4位Tradeview
MT4/MT5 ILC口座、cTrader
0.0pips~
詳細
5位FBS
ゼロスプレッド口座
0.0pips~
詳細

6位以下のランキングは下のリンクをクリック↓

海外FXのスプレッドの注意点

以下の3点に注意する事が海外FXのスプレッドでは重要になってくるでしょう。

  1. 取引したい通貨ペアのスプレッドで比較する
  2. 平均のスプレッドで比較する事が重要
  3. スプレッドだけでなく約定力の強さもチェックする

取引したい通貨ペアのスプレッドで比較する

巧妙に通貨ペアによってスプレッドは異なってくるため、取引したい通貨ペアのスプレッドが狭い海外FX口座を選ぶのも一つの戦略です。

全体的にスプレッドが広いと言われている海外FX業者でも、自分の取引したい通貨ペアだけは狭いなんてこともあるので、取引したい通貨ペアのスプレッドで比較して、自分にとって低いコストで充足感のある取引できるのかをしっかりチェックしておきましょう。

また、同じ海外FX業者の同じ通貨ペアでも、無条件に口座タイプによってスプレッドが異なります。スプレッドの違いを口座タイプ別に選別する習慣を持つことも重要です。特に自分の使う口座選びは慎重に選びましょう。

平均のスプレッドで比較する事が重要

海外FX口座のスプレッドを比較する際は、必ず「平均スプレッド」の値で比べるようにしましょう。

スプレッドとは同様の通貨であっても、買値と売値が違ってくることがあります。

この差は微々たる差ですがこれが金額が大きくなると馬鹿にできない額になるでしょう。ここは直視できるよう心掛けましょう。

微妙にこれが積み重なると数千、数万、数十万と大きな額になるので注意すべきポイントとなってきます。

欠かせなことで海外FX業者の公式サイトで公表されているスプレッドは業者ごとにリアルタイムや最小や平均など種類が異なっていることが多く、業者によっては最小のスプレッドのみを掲載していることもあります。

しかし、最小ではなく平均のスプレッドじゃなければ平均にかかってくるコストを出すことができないため、資料を見るときは平均のスプレッドを見るようにしましょう。

スプレッドだけでなく約定力の強さもチェックする

スプレッドの狭さで海外FX業者を選ぶ際は、あわせて約定力の高さももちろんチェックすることをおすすめします。

約定力とは、自分で決めた値でFX取引をして約定しても、実際はその約定した値がずれる事があります。

注文と約定の差をスリッページと言います。

スプレッドの狭さに加えて約定力が高い業者を選ぶことが、しっかりと取引コストを抑えるコツといえるでしょう。

注意してスプレッドが狭い海外FX業者を選んでも、スリッページが起きて取引コストが増えてしまえば元も子もありません。

積もり積もって膨大な金額を損してしまうかもしれません。

海外FX業者が公表している約定のデータや、約定に関する評判・口コミをチェックして約定力が高い業者を選ぶように心がけましょう。

ボーナスとキャンペーンの価格比較

スクロールできます
海外FX業者口座開設
ボーナス
入金ボーナスMAX付与額詳細
XMTRADING
 13,000円500ドルまで100%
501ドル以上20%
 11,000ドル詳細
FXGT
 15,000円8 万円まで最大100%
15万円以上最大100%
25%最大120万円
143万円詳細
jadeFOREX
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jade2.png
なし10,000lot以上(終了)100万円
(終了)
詳細
Traders Trust

 15,000円 入金100%  1000万円1000万円詳細
BIGBOSS
5,000円初回100%700ドル
2回目30%1500ドル
3回目20%11500ドル
 13700ドル詳細
HFM
なし入金額に対して20%67万円詳細
Milton Markets
5000円最大100万円入金に対して55%55万円詳細
easy Markets
5000円初回入金額に対して50%
23万円詳細
IS6FX
 3,000円 初回100%6万円
2回目50%10万円
3回目30%20万円
36万円詳細
exness
なしなしなし詳細

ボーナスまとめ

海外FXのボーナスキャンペーンのポイント

海外FXはスタートダッシュとしてボーナスは大いに積極的に活用することで取引がしやすくなり、リスクなしで利益の収益に結びつきます。

海外FXに慣れる為の資金として利用したり、ハイレバレッジをかけて一攫千金の獲得を目指したり、実践の練習など様々な使い方があります。

つまり自分の財布からではしづらいことにボーナスを利用する事は欠かせません。ボーナスの利用で結果が出れば、自信がつき将来的なトレードで盛り上がる事が可能です。

海外FXのお試しの資金として活用する

海外FX業者での取引はどんな感じなのかお試しの時の資金として、ボーナスの活用は非常に強力です。FX初心者のトレーダーの方はもちろん、国内FX経験者として取引をしていて、初めて海外FXを始めたい方も、最初はボーナスを使って取引するのが最適かもしれません。

国内FX業者と海外FX業者とでは様々な違いがあり実際にボーナスを使って取り組むのが手っ取り早いです。

最初から自分の自己資金を投入して取引をするとなるとリスクが出てくるのは当然です。しかしボーナスでしたら資金を失うリスクがないため積極的なトレードの王道を学ぶこともできるでしょう。

特に口座開設ボーナスでは一切の入金が必要ありません。もし取引で失敗し資金をなくしてしまっても、自己資金はなくならず失敗に釘づけになる事はありません。もともとタダでもらったボーナスがなくなるだけです。

当然ボーナスで利益が出たら出金も可能ですし、次の取引の元金としても使えます。稼げたら儲けもの、失敗してもノーダメージ。これが口座開設ボーナスのメリットです。

海外FXのハイレバレッジ取引で一発当てるために活用する

元々タダで手に入れたボーナスなのですから、思い切ってハイレバレッジ取引に投資して、一発当てるのも1つのお得な方法です。自己資金から入金したお金でハイレバレッジ取引するのはためらいが最初はありますが、タダでもらえるボーナスでしたら弱点は全くありません。

海外FXは国内FXと比較して当然ながら最大レバレッジが10倍以上違います。これは活用しない手はありません。

当然取引に失敗しても自己資金には影響はありませんので、ハイリターンのFXをノーリスクでできるチャンスなのです。悪質な投機のような印象もありますが、成功すれば自己資金を何倍にも増やせるというメリットがあるのでぜひ推奨します。

海外FXボーナスに関する注意点

ここでは海外FXにありがちな基本的な口座開設ボーナスや入金ボーナスの注意点を取り扱っていきます。

簡単で誰しも知っている手段からマイナーな事までお話していきたいです。

お役に立てる情報を書いていきます。

海外FXのボーナスは非課税なので税金申告の必要がない

海外FX業者のボーナスは現金ではなく、口座からボーナス単体で基本出金できないお金なので、利益とはまた別扱いです。利益でない為、ボーナスをもらうだけでは非課税での対象で、もちろん確定申告をする必要もありません。

ただし、ボーナスを利用して得た利益に関しては課税対象となりますので注意が必要です。

ボーナスを利用した利益だから確定申告する必要はないとたまに思う人がいますが、現金として出金できるボーナスのの関係ない別枠になる為、ボーナスの利益も実質的な収入です。

課税対象なのに確定申告しなければ、違法となります。あなたにはそんな失敗はしてほしくありませんので注意しましょう。

海外FX業者であろうと関係なく、単純明快で税金の義務は消えません。必ず納めるようにするべきです。

海外FXボーナスで得た利益は出金できるが条件がある

海外FX業者のボーナス単体の出金は当然できませんが、ボーナスを活用して稼いだ利益分の出金はできるのです。要するに利益分は現金として好きなタイミングで出金が可能になる事を強調したいと思います。

ただし利益の出金に対して条件を設定している海外FX業者も多数あります。出金条件と呼ばれるもので、この条件を突破しなければ、ボーナスを現金として手に入れることはできません。

よくある出金条件として5ロット以上の取引、10,000円以上の利益、30日以内に最低1回の入金、10分以上のポジション保有、などが挙げられます。それぞれ海外FX業者によって異なります。

また出金条件がなくても、最大10,000円までといったように、ボーナスの利益を出金できる最大額が決められている場合もありますのでご注意ください。

批判的な意見の多くがボーナスの出金条件をクリアしていない場合が大半です。悪意があって出金拒否する悪質な海外FX業者も確かに存在しますが、このサイトで紹介している業者は問題ありません。

出金条件さえクリアしてしまえば現金として出金が可能ですので期待して下さい。ボーナスを受け取るためには、必ず出金条件を確認しておくことがベストでしょう。

海外FXの口座開設ボーナスはもらえるのは最初の1回

海外FX業者の口座開設ボーナスをもらう事ができるのは1人1回のみで、初回口座開設時のみです。これは全ての海外FX業者に共通する事であり、抜け道はなく複数回口座開設ボーナスがもらえる業者はありません。

別口座を開設してもボーナスの対象外ですので注意が必要です。自分の名前などを変更して、別名義で口座を開設しても当然対象外ですし、そもそもそのような行為は利用規約違反で見透かされる事になるでしょう。

確かに名前やメアドを変えることで異なる名義で複数の口座を開設することは可能ですが、口座開設ボーナスの取得には本人確認書類の提出が必須です。要するに1人1回しか口座開設ボーナスはもらえない事を強調したいです。

違反を犯すと、業界ではボーナス全額没収はもちろんのこと、口座の新規開設ができなくなったり残高の出金ができなくなったりと、二度と同じ海外FX業者で取引ができなくなるというペナルティが与えられるので注意が必要です。

投資のプロだという自覚があるのであればこのような事は気を付けたいです。

口座開設ボーナスというのは、海外FX業者の好意で提供しているボーナスであり、口座を開設してくれてありがとうと良かれと思って行われている事ですのでその好意に反する行為は絶対にやめるべきです。

海外FXボーナスは消滅する可能性がある

海外FX業者のボーナスは、出金や他の口座へ資金移動をすると基本消滅します。一度消滅したボーナスは二度と帰ってくることはなく、戻ってくることはまずありません。

ボーナスを保有している状態で取引に成功した場合、すぐに出金したくなるでしょう。しかし口座残高から一部でも出金してしまうと、現存している全てのボーナスは基本消滅します。

また同じアカウント内での口座間での資金移動した際も同じです。ボーナス額が全て0になってしまいますので初心者の方は注意が必要です。

海外FX業者を知らないない人から口座間で資金移動しただけなのにボーナスが全てなくなってしまった。出金したらボーナスが消えてしまった。などの問題でも多くの人が当惑してしまいます。

出金や資金移動の金額は全く関係ありません。たとえわずかでも口座から移動するだけで、現存しているボーナス全てが消滅してしまいます。凄まじく損した気分になるのでぜひ注意して下さい。

このような事も規約にしっかりと書かれていますので反論は全く意味がありません。必ず必要な情報を頭に入れておき、賢く海外FX業者のボーナスを活用しましょう。

海外FXボーナスは出金できない

ボーナスをもらったらそのまま出金してしまおう。と思うのは誰しも多いようでしょうが、海外FX業者のボーナス自体をそのまま出金することは不可能です。

そもそもボーナスは現金ではなく取引資金のため、現金化は認められていません。

ボーナスをもらってそのまま出金する人が現れた場合、海外FX業者としてはただただお金をあげて損ばかりしてしまうでしょう。そのような見落としはありません。

そんな人ばかりでしたら、海外FX業者はすぐに破産してしまうでしょう。初心者などに取引をしもらいたい、自社の特徴を知ってもらいたいなど、海外FX業者の意図によって配布されているのがボーナスなのです。

海外FXボーナスには有効期限が存在する

海外FX業者のボーナスには有効期限があります。ボーナスを受け取る際には有効期限を確認すべきでしょう。

口座開設ボーナスの場合、有効期限を過ぎると一貫して二度ともらえませんのでご注意ください。初心者にはチャンスのボーナスがあるうちに、有効期限内に取引を始めましましょう。

また他のボーナス権利における有効期限にも気を付ける事が必要です。

海外FX業者でも、それぞれボーナスの種類によって有効期限が違いますので、キャンペーンの詳細は必ず確認しておくべきです。

忘れてしまうのではないか怪しい人は稼げる機会を逃すようなものですので、海外FX業者でボーナスを活用する場合には、有効期限を気に注意しましょう。

海外FXボーナスはクッション機能というものが存在する

海外FX業者のボーナスにはクッション機能あり、クッション機能なしの2種類があります。ボーナスを確実に使いたい場合には、必ずクッション機能ありを選ぶべきです。

クッション機能とは、ボーナス本体を証拠金として使える機能のことで、自己資金を足すボーナスが証拠金になり、この範囲内で取引が可能になります。

しかしクッション機能がない場合、ボーナスは証拠金として認められないため、取引可能なのは自己資金のみです。

例えば10万円を入金して10万円のボーナスをもらった場合、クッション機能があれば証拠金20万円、なければ10万円のままとなります。

ここを理解しておかなければ身を滅ぼすことになりかねません。注意しましょう。

クッション機能によって証拠金が増えればその分大きな投資が可能になり、結果的に利益を得やすくなります。ロスカットされにくくなり、クッション機能はメリットが大きいです。

クッション機能なしのボーナスでも、キャッシュバック機能が付いていたり、出金が可能な場合もあります。しかしそのための手続きは非常に難しく、相当取引に慣れた人でないと利益は出しづらいです。

海外FX業者を選ぶ時には、必ずクッション機能の有無を確認すべきです。クッション機能のない業者は最初はそつなくやる為にも控えるのも手かもしれません。

海外FXボーナスのQ&A

いつでもボーナスは受け取れますか?

海外FX業者のボーナスがもらえる事は誰にでもありますが、口座開設ボーナスは1人1回までとどこの会社でも決まっています。全ての業者で複数回の獲得は認められていませんので注意が必要です。

またそれぞれ海外FX業者によって口座開設ボーナスの対象口座が決められており、対象外の口座を新規に開設してもボーナスはもらえないので注意しましょう。

他にも本人確認書類もボーナス条件であり、口座を開設後、運転免許証やマイナンバーカードなど、身分証明書をネット上で送付し、口座名義が本当に本人なのかを証明しなければいけません。

口座開設と本人確認書類の提出が完了した時点で口座開設ボーナスがアカウントに反映されるでしょう。

ペナルティになるのが、メールアドレスなどを変えて1つの海外FX業者で何度も口座を開設する行為です。

中には抽選ボーナスもあります。違反をすれば当然参加はできません。

ボーナス獲得チャンスを失う恐れがありますので、規約に違反せず取引することが大切です。

海外FXのウェルカムボーナスとは何ですか?

海外FX業者のウェルカムボーナスとは、新規で口座を開設した際にもられるボーナスのことで、未入金ボーナス、入金不要ボーナス、ノーデポジットボーナスなどと呼ばれることもあります。

ウェルカムボーナスの金額はそれぞれ海外FX業者によって異なりますが、だいたい3,000~20,000円ほどで、もらったボーナスはそのまま証拠金として利用できます。

ウェルカムボーナスをそのまま出金できません。しかし、証拠金として使えるため入金せずにすぐの取引が可能です。そして取引で稼いだ利益は現金と反映されるため、出金しても良いですし、次の取引の資金としても使えます。

外FX業者の中には、稼いだ利益に対して出金条件がもうけられるところもありますのでご注意ください。例えば~ロット以上の取引、~円以上の利益、など、出金条件の内容は各会社で異なります。

このようにお手軽なウェルカムボーナスですが、各社対象口座も決められています。対象口座以外の口座を開設しても、ウェルカムボーナスはもらえませんのでご注意してください。

またウェルカムボーナスには有効期限が大抵の場合あります。有効期限が過ぎた時点でボーナス全額消滅となります。問い合わせても戻ってくることはないので有効期限には十分に注意してください。

海外FXボーナスのみで取引することはできますか?

海外FX業者のボーナスにも種類がありますが、自己資金を一切使わず、ボーナスのみで取引可能なのは口座開設ボーナスです。

つまりウェルカムボーナスや未入金ボーナスと呼ばれるボーナスで、口座を新規開設した際にもらえるものです。

口座開設ボーナスは、本人確認書類提出後に口座へ反映され、そのまま証拠金として取引に使えます。入金しなくても取引ができるため、自己資金の損失リスクは一切ありません。

ただし証拠金としての資金であり現金ではないので現金でない以上、口座開設ボーナスをそのまま出金することはできないでしょう。

例えば20,000円の口座開設ボーナスをもらい、口座残高が30,000円になったとします。30,000円から20,000円を差し引いた10,000円が利益であり、出金可能な金額です。

ポイントは利益が出た場合でも、その利益を出金するための条件が限られる海外FX業者もあるという事です。

出金条件は色々ですが、例えば20,000円以上の利益を出す、最低1回は入金するなどです。もちろん出金条件なしで出金可能な海外FX業者もあります。

ちなみに日本のFX業者に比べ、口座開設ボーナスで大きな金額をもらえるのは海外FX業者の特徴です。ボーナスは日本FXは弱めです。

海外FXボーナスのクッション機能とはなんですか?

よくクッション機能という言葉を聞きますが、これはボーナスにおいて非常に大事な機能です。

クッション機能を理解する前に、まず証拠金について知っておく必要があります。証拠金とは、口座に入金されたお金のことで、これを元にしてレバレッジを効かせた取引が可能ができます。

つまりFXにおいて証拠金がなければ取引ができません。元金が多ければその分取引可能な資金が増えるということです。

それがクッション機能です。クッション機能とは、もらったボーナスが証拠金として口座に反映される機能のことで、入金額足すボーナスの合計額で取引が可能になります。

ほとんどの海外FX業者ではクッション機能付きのボーナスを採用していますが、中にはクッション機能のないボーナスもあります。最初は注意が必要です。

クッション機能がなければ、証拠金として認められるのは実際に入金した金額のみとなり、ボーナスは意味をもちません。そもそもクッション機能のない海外FX業者はボーナス目当てならばおすすめしません。

海外FX業者を選ぶ際には、ボーナスのクッション機能があるかどうかを必ず確認してください。特に初めて取引をする初心者の方は、クッション機能付きの海外FX業者であるか確認すべきでしょう。

海外FXボーナスが豪華なのは理由があるのですか?

こんなに多額なボーナスがもらえるのは何か理由があるのか?と思われるかもしれませんが、海外FX業者のボーナスが豪華なのにはしっかりとした理由があります。

簡単に言ってしまえば利益が大きければ大きいほど、トレーダーへの還元も積極的に行えます。海外FX業者と国内FX業者とでは、得ている利益の仕組みが全く違います。国内FXと違い、取引をしてくれればしてくれるほど海外FX業者は儲かるシステムになっているのです。よってとにかくトレードを促すしくみの一つとしてボーナスを作っているのです。

ぜひボーナスをどんどん活用して利益をあげましょう。

海外FXボーナスはタダで受け取れるのですか?

海外FX業者のボーナスは、普通に無料で受け取れるタイプと、一定額の入金が必要なタイプの2種類があります。

無料で受け取れるタイプとして口座開設ボーナスがあり、口座を開設し本人確認書類の提出が終わると、特典が与えられます。

当然無料で受け取った特典で取引が可能ですし、取引で得た利益は出金もできます。ようするに口座開設ボーナスの場合、入金をせずに現金を得られる特典があるのです。

そして一定額の入金が必要なタイプのキャンペーンとして入金ボーナスが挙げられ、口座へ入金すると、決められた割合の特典が進呈されます。

100%ならば1万円ならば1万円入金すると合計2万円資金として使えるという事です。

これが大きな金額になれば数十万以上のボーナスも可能な会社もあります。

XMなどがボーナス豊富なよい例です。

口座開設ボーナスも入金ボーナスも、そのまま出金はできず、取引によって得た利益分のみ出金できますのでご注意ください。

特典が残っている状態で出金申請をしたり、他の口座へ資金移動をすると全てが消滅してしまいます。出金や資金移動をする場合には、全て使い切ってからにすべきです。

海外FXボーナスを活用して両建てをすることはできますか?

ボーナスを使って両建てをすればリスクもなく稼げるのではないか?と考える方もいて、実際に両建てで利益を得ているトレーダーもある程度います。

基本的には、同一口座内・同一通貨ペアの両建てでしたらボーナスを使っての取引は可能です。この条件で両建てをすれば、スムーズにいくでしょう。

やってはいけないのが、複数口座・複数業者を使っての両建て取引は禁止されてます。実際に規約を確認してみますと、各社同じようなことが記入されています。

同じ海外FX業者内で複数口座による両建てはバレますが、他の業者を使っての両建てはバレないのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし海外FX業者ではボーナスを使った両建てに注意をしており、常に対策を立てています。

ボーナス全額没収はもちろん、利益の没収や今後のボーナス没収、最悪の場合、口座の永久凍結ペナルティが行われます。

そもそも認められている同一口座内・同一通貨ペアの両建てであっても、最終的にはコストが大きくなり、またロスカットの可能性が高まりますのでやるべきではないでしょう。

海外FXのスキャルピングおすすめ業者ランキング

「スキャルピングは上級者向け」と考えている方も多いのでしょうか?

ここではスキャルピングのランキング形式で紹介しています。

まずは気軽にスキャルピングについて学んでいきましょう。

案外向いている人はスムーズにポイントを押さえて取り組む事ができるかもしれません。

1位・XMTRADING「KIWAMI口座」

メリットとしては、

・最大レバレッジ1,000倍で最低入金額も5ドルなので、少ない資金からスキャルピングを始められる

・入出金手数料無料なのでトータルコストが安い

・スワップポイントが無料なので、日付を跨ぐ時間帯のトレードやスイングトレードの際も、売買方向を気にせず取引できる

・海外FX業界の中でも約定率が高く滑りにくい

・全銘柄ストップレベルゼロだから、価格制限を気にせずに利食い・損切り注文を設定できる

・24時日間365体制の日本語サポートが受けられる

・とにかく取引サーバーが安定しています。他社のように、大きなサーバーダウンやフリーズはまず発生しません。

デメリットとしては、

・スプレッドが広めで取引コストが割高

・法人口座では取引ができない

などがあげられます。

XMは2010年に設立された比較的長く運営されている海外FX業者で、日本人トレーダーのシェア率No.1で50%以上で実力があります。

現在、XMでは口座開設ボーナス13,000円と100%+20%入金ボーナスキャンペーンを開催しています。

2位:Exness「プロ口座」

メリットとしては、

・最低入金額は1,000ドルと高額だが、レバレッジ無制限ならポジション保有に必要な証拠金は0円〜数十円のみ

・取引手数料無料なのでトータルコストがとても安い

・最小0.01ロットから最大200ロットまで柔軟性の高いスキャルピングが可能

・全銘柄ストップレベルゼロだから、価格制限を気にせずに利食い・損切り注文を設定できる

・通貨ペアが127種類と充実している

デメリットとしては、

・21:00~6:59の時間帯は最大取引数量が20ロットに制限されます。

・また、サーバーが弱いとの意見が多く、短時間のサーバーダウンを引き起こしているので注意しましょう。

・キャンペーン・ボーナスがない

Exnessの最大のポイントはレバレッジ無制限(実質21億倍)とロスカット水準0%で、含み損にギリギリまで耐えるハイレバレッジのスキャルピングができます。

数秒から数分の短い時間で多くの利益を狙ったスキャルピングができるのは、海外FX業者のなかでもレバレッジ無制限のExnessだけでしょう。

3位 FXGT「PRO口座」

メリットとしては、

・1回につき最大2,000万通貨の取引が可能なため、資金に余裕のある方にとっては最高の願ってもない環境でしょう

・PRO口座では、ドル円で0.8pipsと非常に低い上に、取引手数料が発生しないので、取引コストをとことん抑えられます

・豪華なキャンペーンが開催されています

・100%の高い約定力です

・サポート受付は24時間365日体制です

デメリットとしては、

・通貨ペアが48種類と他社と比較して少なめです

・取引ツールがMT5のみです

4位 ThreeTrader「RAWゼロ口座」

メリットとしては、

・最大レバレッジは500倍程度で最低入金額も10万円と高額だが、禁止手法がなくスキャルピングに制限がない

・取引手数料が1ロットあたり片道2ドルと安くスプレッドも狭いため、コストの安さや利確のしやすさが業界トップレベル(USD/JPYなら0.0〜0.1pips)です

・いつも対応が優秀な日本語カスタマーサポートが安心できる

・全銘柄ストップレベルゼロだから、価格制限を気にせずに利食いや損切り注文を設定できる

デメリットとしては、

・取引ツールはMT4のみでボーナスがありません

・取引サーバーは不安定で、大きなサーバーダウンが多発しているので注意が必要です

ThreeTraderは、現時点で海外FX業者のなかで最も狭いスプレッドで取引できるブローカーです。

そのため、サーバー問題さえなければ一番と言っていい程コスト面で優秀でしょう。

5位 HFM「ゼロスプレッド口座」

メリットとしては、

・最大レバレッジは500倍程度だが、最低入金額が200ドルとそこそこの値段なので、比較的少ない資金でスキャルピングを始められる

・スプレッドの変動幅が小さく規則的なので想定外のスリッページが発生しにくいです

・独自ポイント制度ロイヤリティプログラムや毎日利息がもらえるROFM(リターン・オン・フリーマージン)などのメリットがあります

・キャッシュバックや口座入金ボーナスが豊富です

・50種類以上の豊富な通貨ペアで150種類以上の銘柄が取引できます

・数多くの金融ライセンスを取得していて信頼度が高いです

デメリットとしては、

・取引手数料・スプレッド共に他社より不利です

・他社よりもストップレベルが広いため、価格制限に気をつけながら利食い・損切り注文をしなくてはいけないです

・口座が円建てに対応していません

金融ライセンスによる信頼性と安全性ランキング

スクロールできます
難解順
ランキング
(Aクラス)
イギリス(FCA)
キプロス(CySEC)
オーストラリア(ASIC)

(Bクラス)
バヌアツ(VFSC)
ニュージーランド(FMA)
スイス(FINMA)
ベリーズ(IFSC)
セーシェル(FSA)
(Cクラス)
セントビンセント・
グレナディーン諸島(SVGFSA)

バージン(BVIFSC)
ケイマン諸島(CIMA)
海外FX業者











画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jade2.png




クラス別金融ライセンス

金融ライセンスについて解説します。

海外FX業者のグループとして難易度の高いライセンスを持っている方が一定の安心感はありますが、有名ライセンスを保有している会社でも出金拒否などの場合があるため、注意が必要です。

海外FX業者の金融ライセンスについて紹介していきます。

金融ライセンスはあくまで参考程度にするのと、ライセンス未所持の業者は信用できない可能性があるので注意しましょう。このサイトではライセンスを所持している海外FX業者のみを紹介しております。

Aクラス イギリス(FCA)

FCAはイギリスにある金融機関であり、取得する難易度が非常に高いことで有名です。

CASS:顧客資金取扱規定

FSCS:金融サービス補償スキーム

上記の2つを採用しているため、FCAの取得難易度が高くなっています。

CASSとは、海外FX業者が破産してしまってもトレーダーに預かっていた資金を返す仕組みのことです。

FSCSでは、最大で8.5万ポンドまで保証があるので、FCAはトレーダーの資金がある程度は守られているということになるのです。

さらに、トレーダーの出金手続きを拒否するとライセンスがはく奪される可能性があるので、安全性の高い運営ができるでしょう。

Aクラス キプロス(CySEC)

キプロス(CySEC)は比較的取得しやすかったので、昔は多くの海外FX業者が取得していました。

しかし、2013年に起こったギリシャショックにより多くのトレーダーが損失を出したことで、CySECの規制の甘さが指摘されるようになりました。

その後、3年の年を経て改良され安全性が高くなり、取得難易度も向上しました。

内容は2万ユーロまで保証してくれる仕組みが導入されていたり、出金手続きの翌日には完了させる必要があるなど、トレーダーからすると嬉しい規制が盛り込まれています。

Bクラス バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)

VFSCはオセアニアのバヌアツという国の金融ライセンスになります。

過去には規制の甘さが問題視されていましたが、2019年に改良され規制が強くなって改善されています。

VFSCを取得できる海外FX業者の取締役は金融投資5年以上の経験を必要としているので、実績がある人間が運営するという決まりがあるのです。

Cクラス セントビンセント・グレナディーン諸島(SVGFSA)

セントビンセント・グレナディーン金融庁(SVGIGB)は、セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融機関です。

2012年に設立されてから、国内に登録されている金融機関の監視と監督を行っています。

そのためライセンスを取得している業者はSVGIBCの指導の下、法令や規則を守りながらサービスを展開をしています。

また公式サイトでは登録している金融機関が公開されており、どのような業者が登録しているかを調べることができるため、情報の透明性は高いでしょう。

公開情報では財務諸表の提出状況から財務状態などが確認できるので、SVGIBCを取得している業者なら安心して取引できます。

海外FX業者のサポートについて

各海外FX業者によってもサービス内容や時間など、日本人スタッフがいるのか?なども最初は気になる所だと思います。

基本的には本サイトで紹介している海外FX業者はどこも日本人スタッフが在中している会社を紹介しています。

海外FX業者のサポート窓口の使い方

海外FX業者の問い合わせ方法の中では、メールが最も基本的な方法です。

メールは、複数の問題をまとめて送信できますし、色々な内容の問い合わせをしても、業者からしっかりした回答がもらえるでしょう。

返信スピードは、基本的に24時間以内を原則としている業者が多いようですね。

遅くとも翌営業日には回答が届くと思いますが、タイミングによっては稀に2〜3日以上かかる場合もあります。

海外FX業者のタイミングが休みなどと被ると1週間以上かかるケースもあります。大掛かりで大変ですね。

優良企業であれば1時間で返してくれる場合もあります。

試しに一度送ってみるのもよいかもしれません。

チャットは小さな問題の味方

チャットはあまりメールに送るほどの問題ではない場合などで多くの海外FX業者が採用しているサービスです。

しかしタイミングによってはしばらく待つことにあったり、メールに自動的に切り替わったりと、あまり信用性には欠ける場合もあります

あくまでタイミングの良いときはすっきりと問題が解決できるのでおススメです。

ですが、あくまで基本はメールでじっくりと問題を解決するのが推奨されます。

LINEや電話も効果的

着眼点として電話も有効です。日本人が在中して電話に出てくれるのであれば大抵の問題は解決する事でしょう。

海外FX業者が使い始めたものにLINEがあります。LINEは場所をとらず、外出先からでもスマホからでもやり取りができるので便利な方もいると思います。

返信が海外FX業者によってまちまちなのが欠点ですが試す価値は大いにあるでしょう。あくまで自分のライフスタイルにあった使い方をする事を推奨します。

海外FXのQ&A

ここでは初歩的な海外FXの情報はほぼ網羅されていると思います。

最初は難しい単語が出てきてわからない事も多いと思いますが、慣れれば国内FX未経験でも十分に安心してトレードできるでしょう。

海外FXのインカムゲインとは何ですか?

インカムゲインとは、株式など金融商品を保有し続けることによって得られる収入のことを言います。

FX取引では、スワップポイントによる収入がインカムゲインに当たります。

インカムゲインは、銀行預金の利子のように定期的に入ってくるため、長期的な視野で投資をするメリットがあると言えます。

これに対して、通貨などの資産の価格変動を利用して得られる売買収入のことをキャピタルゲインと言います。

海外FXの外国為替とは何ですか?

外国為替とは、2つの異なった通貨を交換する事です。

例えば、海外に行った場合に、日本円を米ドルに両替することも外国為替に当てはまります。

外国為替取引とも言います。

英語では、「Foreign Exchange」と呼ばれ、この頭文字を用いてFXと呼ばれます。

2通貨を交換するときの交換比率を「為替レート」と言います。

1ドル140円というレートは、1ドル支払えば140円を購入できるということを意味しています。

この為替レートは日々変動しています。

海外FXの証拠金維持率とは何ですか?

FX取引の魅力・メリットの1つは、レバレッジを掛けて自己資金以上の金額でトレードができる点です。

海外FXなどではレバレッジ1000倍などよくありますよね。

このレバレッジを用いた取引を行う際に、取引口座に入金した自己資金が担保となります。

レバレッジを使った取引では大きな利益を得られるメリットがある一方で、損失も自己資金以上に減らす可能性も当然あるでしょう。

そのため、FX会社は投資家が巨額の損失を被らないように、証拠金維持率を設定して投資家の取引量を抑えています。

例えば、証拠金維持率が50%を下回った場合、新規注文をできないようにしたり、証拠金維持率が20%を下回った場合、含み損を抱えるポジションを自動決済する、等の仕組みがあります。

これらの基準となる証拠金維持率の値は海外FX会社によって異なります。

海外FXの必要証拠金とは何ですか?

必要証拠金とは、FX取引において新たに注文を出すために必要な金額のことを指します。

レバレッジを掛けて取引をするための元金のようなものです。

必要証拠金は、「為替レート×取引量÷レバレッジ倍率」の式で計算できます。

例えば、1ドル140円の為替レートのとき、レバレッジ10倍を掛けて0.1lot(1万通貨)だけドル円のポジションを建てるとすると、この場合の必要証拠金は14万円となります(140円×1万通貨÷10倍)。

上の式より、レバレッジが大きくなればなるほど、必要証拠金は小さくて済みます。

上の例において、海外FXで一般的なレバレッジ1000倍を適用すると、必要証拠金は1,400円に抑えられます(140円×1万通貨÷1000倍)。

小さい資金でとても大きな取引をできる点で、海外FXのハイレバレッジは国内FXよりも取引するメリットがあるといえます。

海外FXのマージンコールとは何ですか?

マージンコールとは、FX取引などにおいて、相場の変動により評価損が拡大して証拠金の余力が減った場合に、保有しているポジションを維持するため、証拠金を追加で入金しなければいけない状態を指します。

海外FXでは、ロスカットが発動する前段階として、マージンコールが注意サインとして作動されています。

マージンコールが発生した際に、追加入金をすれば証拠金維持率を引き上げることができ、ロスカットを回避することができます。

ただし、相場が保有ポジションにとってマイナスな方向に動き続ければ、再度含み損が拡大してマージンコールが作動することもあります。

リスク管理をするのでは、大きな含み損を回避するためには、取引量を自分に合った大きさにすること、同時に多くのポジションを持ちすぎないことが大切です。

海外FXのロスカットとは何ですか?

ロスカットとは、保有しているポジションの損している値がある一定レベルに達した際に、強制的に損切り注文を実行することを指します。

FX会社では、証拠金維持率をロスカット発動条件の値とするのが普通です。

ロスカットの引き金となる証拠金維持率のパーセントはFX会社ごとに異なります。

国内FXでは大きい値だとしても、海外FXでは0%のロスカットの値の業者もある位です。

そこもまた海外FXの魅力の一つだと言えるでしょう。

ロスカットは義務付けられており、顧客が負う損失が膨大にならないようにするために導入されています。

通常、FX会社では、ロスカットが発動する前に、マージンコールが警告として発動します。

レバレッジを掛けて自己資金以上のトレードができるFX取引では、ロスカットが発動しても、しばしば損失額が口座残高を上回ってマイナスになってしまう場合があります。

国内FX会社では、マイナス残高が発生したら追証(追加証拠金)の入金が課されます。

海外FX会社では、マイナス残高を自動的にリセットしてくれるゼロリセットシステムがある点で、国内FX会社よりもとてもダイナミックに勝負できます。

海外FXのゼロカットとは何ですか?

追証がない事をいいます。

国内FXだと急な相場の変換によりマイナスをこうむる場合があります。

しかし、海外FXではゼロカットシステムを採用する事により万が一取引でマイナス分が発生しても口座をゼロに戻してくれるので、追加で証拠金が必要になることはありません。

また、少し補填に時間がかかる場合があり、待つこともあります。

海外FX業者のサポート対応時間はどうなっていますか?

海外FX会社にもよりますが、月曜から金曜の平日24時間の会社があったり、10時~17時などがあったりします。

海外FX業者のサポートの種類はどうなっていますか?

会社によりますが、チャットやEメール、電話などでサポートが受けられます。

最近はLINEでサポートしてくれる海外FX業者もあります。

海外FXの入出金方法はどうなっていますか?

入金方法は銀行送金(国内、海外銀行)、クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB等)、bitwallet(ビットウォレット)、STICPAY(スティックペイ)、BXONE(ビーエックスワン)などで、

出金方法は銀行送金(国内/海外送金)、クレジットカード/デビットカード(VISA等)、bitwallet(ビットウォレット)、STICPAY(スティックペイ)、BXONE(ビーエックスワン)などとなっております。

海外FX会社によって、全く変わってくるので注意が必要です。

海外FXの口座開設にかかる時間はどれ位ですか?

会社にもよりますが、数分で口座開設のみであれば出来るところがたくさんあります。

すぐにボーナスなどで取引可能な海外FX会社も存在します。

海外FX業者の出金拒否はありますか?

メジャーな会社であれば、まずは心配はないと思われます。

しかし、、マイナーな会社ですと安全性が保障されているとは限りません。

聞いたこともない会社は注意しましょう。

海外FXのデモ口座は使用期間の期限はありますか?

大抵の場合は90日や120日を過ぎてログインがなかった場合など口座が消滅する恐れがあります。

それでも再度デモ口座は作れるので問題はないと思います。

海外FXではレバレッジ制限はありますか?

レバレッジ制限はほどんどの会社であります。

例えば1000倍のレバレッジがかけられても、資金が大きくなって制限がかかって100倍までしか利用できないなど日常茶飯事です。

海外FXの取引時間は夏と冬では何時からですか?

夏時間の取引時間:月曜日06:05〜土曜日05:50(日本時間)、冬時間の取引時間:月曜日07:05〜土曜日06:50(日本時間)と、おおむね多少の差はあれどほとんどの海外FX業者でこの位の時間になっております。

夏時間は「3月の最終日曜日~10月の最終日曜日まで」、冬時間は「0月の最終日曜日~3月の最終日曜日まで」などです。

なお、月曜日の6:30から30分と、月曜日以外は毎営業日取引終了後(夏時間 5:30・冬時間 6:30)の30分程度はメンテナンスのため取引できない場合もあるでしょう。

海外FXの確定申告はどうすればいいでしょうか?

海外FXで利益を得た場合、日本国内の確定申告をして税金を納める必要があります。

納める金額は、総合課税(給与所得など他の所得と合わせた課税所得に、所得税の税率をかけて所得税額を算出する課税方式)で計算されます。

税率は課税所得に応じて、所得税5%から45%、住民税10%、復興税2.1%となります。

稼いだ金額によって変わってくるという事です。

海外FXではログインをしばらくしなかったらボーナスが消えてしまう事はあるでしょうか?

XM Tradingを例にだすと90日間の取引活動がない場合、その口座は休眠口座という扱いになり保有ボーナスは全て消滅してしまいます。

また、休眠口座は口座維持手数料を毎月5ドル相当差し引かれるので注意してください。

このようにしばらくログインしないとボーナスが消えるのが大抵の海外FX会社です。

口座維持手数料も毎月かかる所もあれば、無料の海外FX業者もあるので注意しましょう。

海外FXでは自動売買ソフト(EA)の使用は可能ですか?

XMTradingを例に出すと、自動売買システムの利用は禁止されていません。

口座開設後すぐ稼働することができるでしょう。

MT4とMT5の両方のプラットフォームで、EAなどを使用して取引することができます。

スマホではEAが使えないので注意が必要です。

海外FXでは法人口座の開設はできますか?

結論から言うとできる会社とできない会社があります。

XMは万人受けが良いですが法人では口座が作れないデメリットがあります。

しかし、多くの海外FX業者では口座開設できますので、不便はさほど感じないと思われます。

海外FXでは入金が反映されるまで、どの程度の時間がかかりますか?

銀行であれば比較的早く数十分程度の場合もあります。

クレジットカードなどであれば即時反映されるケースも多々あります。

海外FXでは出金が反映されるまで、どの程度の時間がかかりますか?

銀行送金の場合などは数日かかるケースがあります。

クレジットカードでもそれ位かかる場合がほとんどです。

そんな時はbitwalletやSticPayなどがおススメで大抵即時反映されます。

海外FXでは複数口座(追加口座)は開設できますか?

それぞれの海外FX業者によりますが、複数開設できるケースが多い傾向にあります。

異なる口座タイプや取引プラットフォームの口座などを複数開設し、用途で使い分けて利用することができます。

海外FXではどの口座タイプでもボーナスをもらえますか?

一概にボーナスをもらえると言っている海外FX会社でも口座タイプによってはボーナスがもらえない場合が多々ありmす。

そんな口座は全てが悪いわけではなく、ボーナスがなかったりする分スプレッドが狭かったりと、コストを低くする傾向にあります。

海外FXでは取引して損失が出た場合、ボーナスと口座残高のどちらが先に減りますか?

大抵の場合ボーナスが先になくなり、次に投入した資金がなくなる仕組みになっております。

海外FXのボーナスキャンペーンの開催が終わった場合、口座に反映されたボーナスも消滅しますか?

キャンペーンの開催が終わっても、口座に反映されたクレジットは残ります。

資金移動や1ヶ月間放置といった消滅条件を満たさない限り、期間が終了しても使えます。

海外FXではボーナスのみでトレードできますか?

自己資金の必要なくクレジットだけを使ったトレードが可能です。

口座開設ボーナスは、口座を開設した時点で未入金のまま口座へ反映されるので、そのまま証拠金として取引が可能です。

入金ボーナスの場合は必ず最初に入金する必要があるため、どうしても自己資金を投資する事が必要です。

海外FXのボーナスがリセットされるタイミングが知りたいです。

FXGTを例にして、Loyaltyボーナスがもらえる上限は120万円ですが、上限到達した後、リセットされる場合があります。

つまり、再び上限120万円となり、リセット後に入金することでキャンペーンが適用されるケースがあるようです。

リセットされるタイミングは不定期となっているため、いつリセットされるのかは不明です。

しかし、現在開催されているLoyaltyリセットボーナスは、以下の条件をすべて満たすことで、48時間以内にリセットが行われます。

Loyaltyボーナスを上限まで使い切ること。合計取引量80GTLot、合計200万円以上の入金が必要です。

これらの条件を満たしてもリセットされない場合には、1度サポートに問い合わせてみるのも良いかもしれません。

ちなみにリセットされるのはLoyaltyボーナスだけです。他はリセットされません。

海外FXではボーナスは追加口座を開設した時も獲得できますか?

口座開設ボーナスは追加口座を開設しても適用されません。

このキャンペーンは1人1回までしか適用されないため、初めての口座開設時のみとなります。

しかし、キャンペーンの種類によって異なりますが、入金ボーナスに関しては、追加口座を開設した場合、上限額になるまで何度でも受け取ることができる場合もあるでしょう。

要確認ですね。

海外FXでは出金拒否などはありますか?

過去に出金拒否の噂などはほとんど聞かない場合は安心しても良いと考えられます。

出金が遅かったり出金できない場合、いくつかの原因が考えられます。

取引規約の違反があった(複数の海外FX業者間の両建て等など)。

出金先の登録情報が間違っていたり未認証である。

入金方法と別の出金方法を指定している。

クレジットカードで入金額以上を出金しようとしている。

などです。

以上に当てはまって余計な時間を食わないよう気を付けたいですね。

海外FXでは両建て取引は可能ですか?

いくつかのケースがありますが、海外FXのFXGTではFXGTの同一口座内でのみ両建てが可能になっております。

FXGTの複数口座、FXGTと別の海外FX業者との両建ては禁止されています。

他の海外FXの場合では両建て自体禁止されていたり、逆に細かいルールがない場合など様々です。

要確認が必要でしょう。

海外FXではMT4とMT5は使えますか?

MT4とMT5の両方が使える海外FX会社が多い印象です。

しかし、中にはMT4しか使えない海外FX会社があったり、cTraderしか使えない海外FX会社も存在します。

今後MT5への移行は必須になってくると考えられますが、現在でもMT4の人気は健在です。

ぜひ自分にあったトレードスタイルを求めてみるのもよいでしょう。

海外FXの口座開設に条件はありますか?

18歳以上であることがあげられます。

さらにアメリカ、カナダ以外に住んでいることと、まだアカウントを作っていない事が条件になります。

海外FXに取引手数料はかかりますか?

各海外FX業者にもよりますが、口座タイプにも影響するところです。

手数料がかかるが、スプレッドが低かったり、手数料がなしのかわりにスプレッドが狭かったりと言う現象がよく起こっています。

各海外FX業者をチェックするのも良いかもしれません。

このサイトでは各海外FX業者のページの一番下部あたりに表記されています。

ご確認下さい。

海外FXの金融ライセンスとはなんですか?

海外FX業者がFXなどの金融業を行うのに必要な許可証のことを言います。

FX業界には、そもそも業界全体を取り締まる国際的なルールや取り決めがないのです。

そのため、各国の金融庁などが金融ライセンスを発行することによって、FX業者を管理しています。

海外FXのストップレベルとは何ですか?

ストップレベルとは、指値・逆指値注文(予約の注文)において、現在のレートから最低限離さなければならない値幅のことです。

「ストップレベル5pips」の場合、ドル円140.00円でエントリーしたら、140.05円以上か139.95円以下でしか利益確定・損切り設定ができません。

任意の価格で指値・逆指値注文できないため、ストップレベルが広いと、スキャルピングや自動売買(EA)で問題が出てくるでしょう。

海外FXのコピー口座とは何ですか?

完全お任せの口座の事です。

コピー口座で取引を任せられる口座があることが特徴とも言えるでしょう。

コピー口座はHFMなどで使われています。

要するに、すでに登録しているトレーダーの取引をコピーすることが可能なのです。

コピー口座の取引は自動的に行われ、売買による収益を得ることができます。

海外FXでは最低数ドルから取引可能と聞きましたが実際はどうですか?

基本的な最低入金額が1ドルに設定されている海外FX業者も存在します。

しかし海外FX業者のなかには最低入金額を100ドル以上に設定しているケースも多いため、各サイトを注意して見てみる事も大切です。

少額の資金から海外FXを始めてみたい初心者の方にもやさしいサイトも多数あるので安心して確認して下さい。

海外FXの会社はどこにありますか?

主にヨーロッパに本社がある事が多いです。

大手の会社は世界中に支店を構えています。

海外FXのフリーズレートとは何でしょうか?

フリーズレートとは、easyMarketsが提供している独自ツール、機能で発注時にレートを一時的に止めることができます。

停止時間は3秒間ですが、使用回数に制限はないため、何回でも使えます。

ボラティリティが激しい価格変動の大きい取引では特に使える機能でしょう。

海外FXのdealCancellation(ディールキャンセレーション)とは何ですか?

dealCancellationとは、easyMarketsの取引プラットフォームのTradingViewに備わる機能です。

dealCancellationは一定時間内であれば、損失が出ている取引をキャンセルすることが可能です。

dealCancellationにより取引をキャンセルすれば、dealCancellationの手数料を除いた資金を取り戻す事が可能です。

海外FXのMT4と独自ツールではどっちが良いですか?

easyMarketsなどで使われる独自ツールではスリッページなしであったり、まとめられたニュースを得るメリットがMT4に比べて上回っているといえるでしょう。

独自ツールは様々な機能が搭載されていることから、かわりに最大レバレッジやスプレッドなどの取引条件は目おとりします。

しかしMT4を使った取引であれば、他社の方が取引条件が良い会社が多いので、easyMarketsを使う必要はないでしょう。

easyMarketsで取引をしているトレーダーは、独自ツールの豊富な機能をうまく使って利益を出しています。

海外FXのスキャルピングはどこの会社でもできますか?

スキャルピング自体はできても、スプレッドが広かったりすると各海外FX業者で儲かる金額に差がでてきます。

ですのでスキャルピング可でなおかつスプレッドが狭い会社を探しましょう。

海外FXの平均的なロスカット・マージンコールはどれ位ですか?

海外FX業者にもよりますが、おおまかロスカット20%、マージンコール50%位が平均でしょうか。

もちろんロスカット0%やマージンコールが平均より低かったり高い業者も存在します。

本サイトの各海外FX業者の一番下部あたりに書かれているのでぜひ確認してみて下さい。

海外FXのクッション機能とは何ですか?

クッション機能とはボーナスが証拠金になることです。

トレードにエントリーする際にボーナスが使えて、ポジションを大きくもてます。

ポイントは、損失が出たタイミングではボーナスが利用できない点です。

クッション機能がない業者では、口座残高がゼロになった段階でロスカットされ、その時点で残っているボーナスはすべて消滅してしまいます。

要するに、口座残高と同じ金額の含み損が発生すればポジションがロスカットされる為注意が必要となります。

海外FXで禁止されている取引とは何ですか?

各海外FX業者によって変わってきますが、2つの口座で両建取引を行った場合や指標発表時などの、市場の変動性が高い時間帯を狙った取引などが対象になる場合が多いです。

海外FXの口座開設の必要書類は何ですか?

身分証明書としてパスポートや公的身分証明書(運転免許証・マインナンバーカード)などと、住所確認書
の公共料金請求書や銀行の利用明細書(過去6か月以内)が基本どの海外FX業者でも必要です。

海外FXのExnessでレバレッジ無制限で利用するための条件とは何ですか?

Exnessでレバレッジ無制限で利用するには、10回以上のトレードと合計5ロット以上の取引を行う必要があります。

海外FXのNDD方式とDD方式とは何ですか?

NDD方式は顧客がトレードをした場合、スプレッドや取引手数料が発生するでしょう。

なぜなら顧客の損失を回収するのがDD方式であり、スプレッドや取引手数料がNDD方式の収益源となるからです。

DD方式では顧客の損失分を利益にしているため、スプレッドを広くする必要がない仕組みになっているのです。

海外FXのVPSとは何ですか?

FX取引を専用の仮想サーバーで行えるものの事です。

VPSはVirtual Private Serverの略でより高い約定力でのトレードが可能です。

スキャルピングトレードがメインの方や口座残高1,000ドル以上、毎月の取引数が5ロット以上の方などは導入しても良いかもしれません。

海外FXのECN口座とは何ですか?

海外FX業者では、NDD方式と呼ばれる注文方式がメインの場合がほとんどです。

NDD方式はSTP方式とECN方式に分かれます。

それらのうちECN口座は、電子取引所(インターバンク)を利用して投資家などと売買のマッチングを直接行う注文方式です。

DD方式(ほとんどの国内FX業者が採用)やSTP方式とは異なり、FX業者を通さないので、狭いスプレッドや約定力の高さが魅力です。

ただし、ECN方式が採用されている口座は限られています。また、他の口座とは異なり、FX業者が設定する取引手数料が別途かかります。

ECN(Electronic Communications Network)もSTP取引と同じくディーラーはいません。

トレーダーの注文価格とマッチする反対注文をシステムが自動でマッチングして取引が成立します。

したがって、FXブローカーの入る余地はなく透明性は高くなります。

FXブローカーはマッチングした価格にスプレッドを乗せることもないので、取引に応じた手数料をトレーダーからもらうことで利益を上げます。

海外FXのSTP口座とは何ですか?

STP(Straight Through Processing)はDD取引と違ってディーラーは存在せず、FXブローカーのシステムが自動で取引を仲介します。

すなわち、トレーダーの注文に対して最も有利な価格を提示している価格を自動で選択し、その価格にFXブローカーの儲けにあたるスプレッドを上乗せてトレーダーに価格を示しています。

この一連の行為は人手を通さないのでDD取引より透明性は高いと言えます。

トレーダーが勝って多くの取引をしてくれれば、それだけFXブローカーの儲けに繋がるのでDD取引と違ってトレーダーとFXブローカーはwin-winの関係だと言えます。

口座タイプECN口座STP口座
スプレッド狭い広め
取引手数料ありなし
約定力相場が不安定な時高い取引量が少ない場合高い
最低入金額
最低取引量
高い低い
透明性高い低い

海外FXの最大ロットと最小ロットはどれ位ですか?

IS6FXを参考にすると以下のようになります。

  マイクロ口座 スタンダード口座 プロ口座
最小ロット0.05lot0.01lot0.01lot
最大ロット100lot30lot30lot

海外FXのMT4口座の取引銘柄が少ないというのはホントですか?

IS6FXを例にすると、以下のようになります。

海外FX業者にもよると思いますが基本はMT5の方が取り扱いが増えると思われます。

取扱銘柄スタンダード口座
MT4口座MT5口座
通貨ペア33種類61種類

海外FXの取引口座からの最低出金額と最高出金額は1回あたりどれ位ですか?

jadeforexでは1回あたりの最低出金額は5,001円、最高出金額は2,000,000円となっています。

2,000,000円以上の出金をしたい場合は、複数回に分けて出金申請の必要があります。

億の出金に対応していると言われているのは、XMTRADINGやAXIORYやExnessなどです。

海外FXの禁止事項は何ですか?

  • 複数口座間・他業者間の両建て
  • ボーナスの不正な受け取り
  • EAを利用して1分間に30件以上のトレードを行う
  • ゼロカットの悪用

などが海外FX業者によりそれぞれ決めごとがあります。

上記は、どの海外FX業者にも当てはまるわけではなく例です。

海外FXではは土日・祝日でも口座開設をすることができます?

大抵の海外FX業者では口座開設は休みの日でも可能です。

海外FXで口座開設をすると電話がかかってくるはありますか?

口座開設しても電話がかかってくることはないでしょう。

最後にまとめのおススメランキング

スクロールできます
順位海外FX業者安全性コストレバレッジボーナスサポートトータル詳細
1位XMTRADING
100点サイトの詳細
2位HFM
95点サイトの詳細
3位FXGT
90点サイトの詳細
4位BIGBOSS
85点
サイトの詳細
5位exness
×80点サイトの詳細
6位AXIORY
×80点サイトの詳細
7位LandPrime
80点サイトの詳細
8位easy Markets
75点サイトの詳細
9位MYFX Markets
×75点サイトの詳細
10位IS6FX
70点サイトの詳細
11位Milton Markets
70点サイトの詳細
12位Traders Trust
65点サイトの詳細
13位Tradeview
××65点サイトの詳細
14位ThreeTrader
×65点サイトの詳細
15位FBS
×65点サイトの詳細
16位IFC markets
×60点サイトの詳細
17位jadeFOREX
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jade2.png
×55点サイトの詳細
18位VirtueForex
××50点サイトの詳細
◎=20点 〇=15点 △=10点 ×=5点
※=同点の場合、海外FX業者の人気や知名度を参考にさせて頂きました
目次